2018年09月04日 05時00分 公開
特集/連載

患者の安全が第一医療分野におけるAI技術活用、まずガバナンスを固めよう

AIは医療サービス提供者にとって恩恵になり得るが、米国医師会(AMA)のような団体は、患者の個人情報とプライバシーを保護するためのポリシーの策定を推奨している。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習 | プライバシー


患者のプライバシーと安全性は重要課題だ《クリックで拡大》

 医療分野におけるAI技術の活用は、医療サービス提供者が治療効果を改善し、病気と闘い治癒するための進歩を遂げる大きな可能性を示している。膨大なデータを迅速に処理し、高度なアルゴリズムに基づいて数秒で有意義な洞察を提供するAIは、医師を支援するのに最適なツールだ。しかし、腫瘍学のような分野や公衆衛生分析でAIが大きな反響を呼んでいるにもかかわらず、ポリシー策定者は、患者のプライバシーと安全性に関する懸念があるため、ガバナンスなしではAIの導入を進めたくないと考えている。

 米国医師会(AMA)は、患者の安全に関する懸念に取り組むために、医療分野のAI技術に関する基本方針を策定する必要性を認めている団体の1つだ。AMAが発表したリリースでは、拡張知能の活用に関する基本方針の提言を詳述している。その提言では、医療分野におけるAIの設計や使用、導入に関する懸念を浮き彫りにする一方で、AIが薬剤に与える恩恵を詳述している。

 下記は、医療分野でのAI技術の活用に関してのAMA提言の一部である。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...