2018年05月21日 05時00分 公開
特集/連載

医療ITイベントHLTH:The Future of HealthcareのトピックスGoogleが医療分野に本格参入の兆し、Fitbitとの提携で医療AIは爆発的普及するか

GoogleがFitbitと提携し、医療分野に敏速に進出して人工知能(AI)関連サービスを中小の医療ITベンダーに提供している。Fitbitも医療分野に事業を拡大している。

[Shaun Sutner,TechTarget]
HLTH グレッグ・コラード氏によるHLTHのオープニングセッション《クリックで拡大》

 Googleは医療分野の人工知能(AI)に独自の方法で取り組み、ウェアラブル技術の大手企業Fitbitと新たに提携して医療健康分野に果敢に進出しつつある。

 同時に、Fitbitは医療およびヘルスケアのアプリベンダー数社(注1)を買収し提携することによって、注目の的となっているAppleの医療への進出に対抗する形を取り、自社の医療および医療AIビジネスにおけるシェアを急速に増やしてきた。

※注1:2018年5月6〜9日に米国ラスベガスで開催したヘルスケアのイベントであるHLTH:The Future of Healthcareの場でFitbitが発表した。

 「数少ない神話を一掃したい。AIや機械学習は単なる未来の技術ではない」とGoogleの主任科学者であり、拡張知能研究担当ディレクターであるグレッグ・コラード氏が、HLTHのオープニングセッションで語った。「世界で最も優れたAIと機械学習は既にあなたのポケットの中に入っている、と確信をもっていえる」

GoogleとFitbit

 Fitbitは、HLTH初日は始めから終わりまで、健康状態(糖尿病や一部のがんを含む)を管理するための新しい8つのアプリや、スマートウォッチの文字盤デザイン(Clock Face)の発売を告知する場として利用していた。

 アプリの中には医療保険事業者や雇用者、臨床研究者向けに作られているものもあり、彼らが、医療AIを利用する人を含め、ユーザーの健康管理を臨床現場の外でも支援できるように開発されている。

 GoogleとFitbitが、Fast Healthcare Interoperability Resources(FHIR:医療情報の相互運用性のオープンな標準仕様)のデータ共有規格に基づいたGoogleの新しいクラウド医療APIに関する連携について発表してから1週間もたたないうちに、事業提携の発表となった。

 「相互運用性を確保するためにFHIRにも尽力している」とFitbit Health Solutionsの本部長兼上級副社長のアダム・ペレグリー二氏は語る。「当社はGoogleのAI機能や分析機能を活用している。データは全てそろっているから、そこからインサイト(洞察)を得たい。(米国の)医療保険制度でGoogleの分析機能やAI機能を生かしたい場合、今ならそれらの機能を活用できる」と、ペレグリーニ氏はFitbitの医療AI戦略について述べた。

Fitbitが公衆衛生分野に進出

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...