2017年03月21日 15時00分 UPDATE
特集/連載

肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に

Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。

[Shaun Sutner,TechTarget]
ジェロエン・タス氏 Philips Healthcareのジェロエン・タス氏《クリックで拡大》

 ジェロエン・タス(Jeroen Tas)氏は、Philips HealthcareでConnected Care and InformaticsのCEOを務めている(取材当時。2017年2月よりChief Innovation & Strategy Officer)。米国シカゴで2016年11月に開催した北米放射線学会(RSNA 2016)で、画像診断の進化と、個別化医療サービスの進化についてインタビューを実施した。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...