これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術

Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。

2017年03月21日 15時00分 公開
[Shaun SutnerTechTarget]
ジェロエン・タス氏 Philips Healthcareのジェロエン・タス氏《クリックで拡大》

 ジェロエン・タス(Jeroen Tas)氏は、Philips HealthcareでConnected Care and InformaticsのCEOを務めている(取材当時。2017年2月よりChief Innovation & Strategy Officer)。米国シカゴで2016年11月に開催した北米放射線学会(RSNA 2016)で、画像診断の進化と、個別化医療サービスの進化についてインタビューを実施した。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...