2010年11月19日 15時09分 UPDATE
ニュース

NEWSSuperStreamのクラウド利用が可能に、月額数万円から

エス・エス・ジェイがERPパッケージ「SuperStream-NX」のSaaS版を発表。パートナーと組んで、中堅・中小規模の企業に提供する。オンプレミス型と比べて5年間でTCOが半分になるという。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 エス・エス・ジェイは11月18日、ERPパッケージ「SuperStream-NX」(以下、NX)のSaaS版を2011年2月に提供開始すると発表した。12社のパートナーと協力し、パートナー企業が実際のサービスを提供する。月額の提供価格は、1ユーザー当たり、数万円を想定している。同社の代表取締役社長 谷本善男氏は「会計/人事の領域はパッケージの適合率が最も高い」と指摘し、クラウド化の需要も高まると話した。

画像 エス・エス・ジェイの代表取締役社長 谷本善男氏

 NXのSaaS版で提供するのはオンプレミス版のNXのうち、一般会計、管理会計、経費精算管理、支払い管理、債権管理を含む「統合管理」モジュール。固定資産管理やグループ経営管理、人事・給与の機能についても将来のSaaS提供を計画している。

 SaaS版NXを提供するパートナー企業はNEC、富士通、日立情報システムズ、東芝ソリューションなど12社。データセンターにNXをホストし、ユーザーに提供する。シングルテナント、マルチテナントの利用、サービスレベルなどはパートナーによって異なる。導入期間は30日程度。SaaS版NXを試用できる30日間のトライアル環境も用意する。

 ターゲットとして考えているのは年商10億円から100億円の中堅・中小規模の企業。それ以上の規模の企業には従来のオンプレミス版の利用を勧める。コスト削減効果を訴える考えで、オンプレミス版のNXではライセンス価格が500万円、システム構築やハードウェアを含めると1000万円を超えるケースが多いのに対して、SaaS版のNXでは1ユーザー当たり月額数万円の価格(契約は3ユーザーから)を想定していて、「5年間のTCO(総所有コスト)は半分になる」(同社 マーケティング企画部 部長 山田 誠氏)としている。

 国内には年商10億から100億円の企業が約10万社あるといい、エス・エス・ジェイはそのうち2割の2万社がSaaS型のアプリケーションに移行すると想定。SSJはシェア10%、2000社の獲得を目指す。

関連ホワイトペーパー

ERP | SaaS | 人事 | クラウドコンピューティング


ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果...

news052.jpg

「インスタ映え」の熟知度は97.4%、非利用者も認知――ベネッセコーポレーション調べ
ベネッセコーポレーションは、ベネッセ教育総合研究所と共同で「第3回現代人の語彙(ごい...

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...