2010年11月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ERP製品カタログ【第5回】住商情報システム“超寿命ERP”を実現する「ProActive E2」のアーキテクチャ

中堅企業向けERPとして高いシェアを持つ「ProActive E2」はバージョンアップのしやすさをアーキテクチャで保証する「超寿命ERP」を標ぼうする。その特徴と、IFRSへの対応方針を聞いた。

[吉村哲樹]

多くの企業グループでの導入実績を持つ「ProActive E2」

 住商情報システムが提供するERPパッケージ製品「ProActiveシリーズ」は、国産ERPパッケージとしては最も長い実績を持つ製品の1つだ。1993年に初代バージョンがリリースされて以来、累計で4000社の企業に導入され、2007年と2008年には中堅企業(年商300億〜500億円)におけるERPパッケージの導入シェアで2年連続トップの座を獲得している(ノークリサーチ調べ)。

 また、中堅企業向けのパッケージでありながら、企業グループでの一括導入が多いのもProActiveシリーズの特徴である。同製品は既に150の企業グループで導入されており、近年でも東京証券取引所やJR西日本グループといった大手企業が同製品をグループ内の共通業務システムとして採用している。特に、2005年に従来の製品を大幅に機能強化した「ProActive E2」をリリースしてからは、大手企業での導入が増えているという。住商情報システム ProActive事業部 営業推進部 副部長 五月女 雅一氏は次のように述べる。

 「もともとProActiveシリーズは年商50億〜500億円の中堅企業をターゲットにしていたが、顧客の要望を大幅に取り入れた『ProActive E2』をリリースしてからは、年商1000億を超える企業にも高い評価をいただくようになり、商談で『SAP ERP』や『Oracle E-Business Suite』といった大企業向け製品とコンペになることも多い」

関連ホワイトペーパー

ERP | 運用管理 | 経営 | ワークフロー | 内部統制 | SAP


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...