2012年04月24日 09時00分 UPDATE
特集/連載

どれが流行る? オープンソースのクラウド構築ソフト【後編】OSSクラウド基盤市場の行方を決めるOpenStackの成否

HP、Cisco Systems、Intelなど大手企業がサポートを表明しているOpenStackは、ユーザー企業にとって今後有力な選択肢となり得る。対するEucalyptusやRed Hatの成功は、OpenStackの成否に懸かっている。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 前編「競争が激化するOSSクラウド構築基盤ベンダー5社の動向」では、米Abiquo、米Canonical、米Eucalyptus Systems、OpenStack、米Red Hatの5社の動向と、各社が提供するオープンソースクラウドソフトの特徴を紹介した。後編では、今後の市場シェアについて考える(関連記事:注目のOpenStackプロジェクトの全体像)。

オープンソースクラウドの行方

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...