2012年10月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Portable-VirtualBoxのダウンロード/インストール方法VirtualBoxをUSBデバイスで実行できる「Portable-VirtualBox」の使い道

「Oracle VM VirtualBox」(VirtualBox)はオープンソースの仮想化ソフトウェアだ。これをUSBデバイスにインストールして仮想OSを実行できる「Portable-VirtualBox」は、VirtualBoxの便利な使い方といえる。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 「Oracle VM VirtualBox」(以下、VirtualBox)は、オープンソースのサーバおよびデスクトップ仮想化ソフトウェア。オープンソースなので、手を加えたり動作をカスタマイズしたりできる。同じくオープンソースのツールである「Portable-VirtualBox」を使えば、USBデバイスにインストールしたVirtualBoxからOSを実行できるようになる。

 VirtualBoxは、多くのLinuxディストリビューション(Ubuntuなど)に標準で含まれているし、自分でダウンロードしてインストールすることもできる。VirtualBox関連で、筆者がこれまでに見た中で最高の使い方を可能にするツールがPortable-VirtualBoxだ。このツールを使えば、USBデバイスにインストールしたVirtualBoxで仮想OSを起動して実行できる。その最大のメリットは、VirtualBoxをホストPCにインストールする必要がないことだ。VirtualBoxはUSBデバイスから直接実行されるのである。

 以下の方法でPortable-VirtualBoxをインストール、実行することで、USBデバイスから任意のOSを実行できる柔軟性が得られる。

Portable-VirtualBoxのダウンロードとインストール

 Portable-VirtualBoxは、インストールの過程でVirtualBoxをダウンロードし、USBデバイスなどのポータブルメディアにインストールする。Portable-VirtualBoxを起動すると、VirtualBoxに必要なカーネルレベルドライバが自動的に登録・開始され、それからVirtualBoxが実行される。VirtualBoxを閉じると、それらは全て登録解除され、クリーンアップされる。Portable-VirtualBoxは、VirtualBoxのPortableApps版(※)に相当するものを使えるようにするツールといえるかもしれない。

※ PortableApps.comは、ポータブルデバイスで持ち運び、任意のWindows PCで使えるソフトウェアプログラムを提供している。

 Portable-VirtualBoxをセットアップするには、インストーラをダウンロードして実行する。インストーラは、ユーザーが選択したディレクトリにアーカイブを展開する。展開されたPortable-VirtualBoxの実行ファイルを実行すると、米OracleのWebサイトからVirtualBoxのインストーラがダウンロードされ、ユーザーが指定したディレクトリにインストールされる。以後、Portable-VirtualBoxを起動するとVirtualBoxが起動されるようになる。デフォルトでは、起動時にVirtualBoxの新バージョンを見つけると、ユーザーにアップグレードを促す(新バージョンに問題があることが判明した場合に備えて、古いバージョンはバックアップされる)。

 なお、Portable-VirtualBoxを実行してVirtualBoxをインストールする際には、VirtualBoxの32ビット用ファイルと64ビット用ファイルのいずれか、または両方を展開するように指定できる。また、これらのファイルを圧縮し、インストール先メディアの容量を節約することもできる。

 Portable-VirtualBoxから実行したVirtualBoxのGUIには、通常の起動時とは異なる点が幾つかある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...