2013年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

組織再編が与える影響を分析Surfaceは? Windowsは? やっぱり気になる米Microsoftの今後

ソフトウェアの巨人からデバイスとサービスの企業へ――組織再編で米Microsoftが変わりつつある。今後を占う上で重要なのはSurfaceとクラウドサービス、そしてWindowsだ。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftが業務の合理化を図って組織再編を行った。Windows、デバイス、サービス各部門の事業戦略の立て方次第では、企業のIT部門に影響を及ぼす恐れもある(参考:米Appleになりたい? 米Microsoftの組織再編を深読みする)。

 Microsoftは2013年7月11日(米国時間)に、エンジニアリング部門の統合を進めて、デバイスとサービスを提供する企業となることを計画していると発表した。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...