2013年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

組織再編が与える影響を分析Surfaceは? Windowsは? やっぱり気になる米Microsoftの今後

ソフトウェアの巨人からデバイスとサービスの企業へ――組織再編で米Microsoftが変わりつつある。今後を占う上で重要なのはSurfaceとクラウドサービス、そしてWindowsだ。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftが業務の合理化を図って組織再編を行った。Windows、デバイス、サービス各部門の事業戦略の立て方次第では、企業のIT部門に影響を及ぼす恐れもある(参考:米Appleになりたい? 米Microsoftの組織再編を深読みする)。

 Microsoftは2013年7月11日(米国時間)に、エンジニアリング部門の統合を進めて、デバイスとサービスを提供する企業となることを計画していると発表した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...