2013年07月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 8.1プレビュー版解説(前編)XP、7ユーザーのための「Windows 8.1入門」

米Microsoftは、IT管理者がOSの次期アップグレード戦略を検討できるように、「Windows 8.1」のプレビューバージョンの公開を開始した。同社の担当者は「サービスパック感覚でアップグレード可能」と語る。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米TechTargetは、米MicrosoftのWindows Commercial担当ゼネラルマネジャー、アーウィン・ヴィッサー氏に話を聞く機会を得た。ヴィッサー氏はコンピュータサイエンスの学位を得て開発者としてキャリアをスタートさせ、現職に至る。今回は、2013年6月末に公表された、Windows 8.1のエンタープライズ向けの機能、Windows 8セキュリティ、そしてOSアップデート周期の短期化に対応するIT専門家の支援方策について話を聞いた。

――「TechEd 2013」の基調講演で明らかになった問題の1つに、バージョンアップサイクルの短期化という新しい計画が挙げられます。企業のIT部門は、バージョンアップの短期化にどのように対応すべきなのでしょうか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。