2013年08月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

値下げなど次々に新施策「Surface RT」がイメチェン模索 仕事で使えるタブレットへ

アプリ不足や管理の難しさなどから、企業導入が進まない「Surface RT」。こうした中、米MicrosoftはSurface RTの企業導入を促進すべく動き出した。勝算はあるのか?

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftのタブレット「Surface Pro」を企業のIT部門で使うことは納得できるが、低価格版である「Surface RT」も、業務利用を検討すべきデバイスと位置付けられようとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...

news071.jpg

サイバーエージェント、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」を提供
サイバーエージェントは、サイト滞在時間を最大化するDSP「Skyrocket」の提供を開始した...

news023.jpg

2018年上半期、テレビで最も長時間話題になったのは「北朝鮮情勢」(181時間56分14秒)――エム・データ調べ
エム・データは、「2018年上半期TVニュースランキング」を発表しました。