TechTargetジャパン

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

製品資料
「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識
 近年、多くの業界でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やハイパフォーマンスデータアナリティクス(HPDA)が脚光を浴びている。その背景には、モバイル、IoTといった分野におけるデータ量の急増や、その分析を支えるコグニティブコンピューティング、深層学習...(2017/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
専門性の高い3次元の機械設計を可能にする、Autodesk Inventor 2018 新機能紹介
Inventor 2018のリリースは、3次元による専門性の高い機械設計において次の一歩を踏み出した。設計ワークフローの改善、相互運用性の強化、そして、世界中のユーザーからのフィードバックをもとに全体的なユーザーエクスペリエンスが強化され、生産性と柔軟性も向上してい...(2017/4/28 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
業務効率化から労務リスク対策まで――勤怠管理の自動化で得られる5つの効果
 昨今、労働者保護の観点から、働きすぎの抑止やコンプライアンスの重要性が高まっている。企業には、労働基準法をはじめとする労働時間法制に対応することや、従業員が働きやすい職場作り、リスクマネジメントを行うために勤怠管理の見直しが求められている。 そこで多...(2017/4/24 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

製品資料
低コストなワークフロー製品で申請・承認や経費精算はどこまで楽になる?
 稟議(りんぎ)・申請手続きは企業ごとに運用が大きく異なり、複雑化するケースが少なくない。そこで、運用ルールを整理し、社内の稟議・申請などを効率化するために、ワークフローシステムの導入が進んでいる。大企業向けというイメージが強いが、近年は中小企業での導...(2017/4/13 提供:株式会社Donuts)

事例
直観的な操作で申請・承認状況を可視化、ワークフロー製品で業務はどう変わる?
 経費精算や稟議(りんぎ)などの手続きをシステム化するワークフローシステム。数多くの製品が存在するため、製品選定で失敗するケースも少なくない。家事代行ビジネスを手掛けるベアーズも、インタフェースの使いづらさや検索機能の不備など、従来のシステムに不満を抱...(2017/4/13 提供:株式会社Donuts)

製品資料
手書きの電子サインでペーパーレス化を推進――気になる安全性や有効性は?
 2001年に電子署名法、2005年にe-文書法が制定されたことで、ペーパーレス化が進展し、現在では、重要な文書を電子文書化して保管することが当り前になっている。ペーパーレス化の次のフェーズとして、手書きによる電子サインと電子文書を組み合せる新時代が到来している...(2017/4/13 提供:株式会社ワコム)

製品資料
ファッショントレンドをつかみ、業界特有のニーズに応えるERPの形
 服飾や靴、バッグ、雑貨などを扱うファッション企業は、消費者のニーズに合わせて、適切な商品を、適切な数量、適切な価格、適切なタイミングで提供するマーチャンダイジングをビジネスの基軸にしている。この幅広い業務プロセスを1つのERPパッケージで運用できれば、多...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
保管すべき証憑書類を85%削減、電子化で現場業務を簡単に
 稟議(りんぎ)申請や経費精算、振替申請、小口現金管理など、多岐にわたる現場業務。申請や承認の作業が煩雑化し、本来注力すべき業務の足かせとなっている状況も散見される。この改善を目指して、Web型のワークフロー申請システムを利用する企業は多い。 このシステ...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

事例
トヨタIT開発センターのワークフロー刷新――わずか半年で経理業務を電子化
 トヨタの先進技術を担う「トヨタIT開発センター」。先端技術の探索や研究のため多くの研究者が国内外を飛び回る一方で、経理業務の煩雑化が課題になっていた。そこで、同社が導入したのが、Webを通じて稟議(りんぎ)や経費精算など多岐にわたる現場の業務を効率化する...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

講演資料
海外進出していなくても米国訴訟のリスク? 本当は怖い情報マネジメントの話
 情報や商品がグローバルに流通する昨今、海外進出企業はもちろん、そうではない企業も外国での訴訟リスクに備えなくてはならない時代となった。とりわけ訴訟大国といわれる米国では、公判前の「ディスカバリ」と呼ばれる証拠開示手続に気を付けなければならない。 当事...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
STLはもう必要ない?CADデータから直接3Dプリント
GrabCAD Print では、プロフェッショナルの CAD データ形式からダイレクトにプリントすることができます。従来、STLファイルへの変換と設定に要していた時間を削減することができます。従来の3Dプリンティング・ワークフローを簡素化し、プリンタの使用に関連した情報を提...(2017/1/23 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

製品資料
「e-文書法」対応の鉄則、契約管理はペーパーレス化と業務効率化を同時に進める
 「e-文書法」に代表される紙文書保存の規制緩和により、さまざまな業務でペーパーレス化が進んでいる。その中でも契約管理業務は、紙を保管する場所の削減、書類の検索性向上、書類のひも付け管理など、文書の電子化による効率化が期待されている。 そこで注目されてい...(2017/1/10 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

講演資料
Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる
 市場の変化が急速で、業務で利用するアプリの開発が追い付かなくなっている。陳腐化した既存システムでは現場の業務効率は上がらず、顧客の要望にも対応が遅れ、競合他社に先を越されてしまう。これからの業務アプリは「現場サイドで作れる」が重要な要件になる。 これ...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
改正電子帳簿保存法に対応、契約書や領収書の電子化で経理業務のペーパレス化
 経費精算の書類に領収書をのり付けして提出するようなアナログな管理や作業が多く行われる日本企業。特にさまざまな証憑書類を扱う経理部門では、こうした紙ベースの管理や煩わしい作業に頭を抱えている人は多いはずだ。 このような状況に大きな影響をもたらしたのが...(2016/9/29 提供:株式会社日立システムズ)

製品資料
あらゆる申請書をクラウド化、経理業務の時間はどこまで短縮できる?
 各種の決裁や申請などのワークフローは年々複雑化しており、大企業だけでなく中小企業でもワークフローシステムの導入が進んでいる。その製品選択で、クラウドサービスでは複雑な業務に対応できないと判断される場面が見られるが、実際のところはどうなのだろうか。 近...(2016/9/26 提供:株式会社Donuts)

製品資料
ワークフローシステムの「よくある失敗」を回避、製品選びの3つのポイント
 ワークフローシステムは従来、各企業の業務スタイルに適合させるため、独自開発するケースが多かったが、そうした手法では、開発にコストと時間がかかりすぎ、運用後の改修にも大きな負担が生じる。そのため最近では、パッケージソフトやクラウドサービスを活用するケー...(2016/9/26 提供:株式会社Donuts)

事例
勘定系システムのゲートウェイにHULFTおよびHULFT-HUBを導入しファイル転送の効率化と安定運用を実現
 三菱東京UFJ銀行は勘定系システムとのゲートウェイ基盤にHULFTおよびHULFTHUBを導入。ホストコンピュータと市場系、情報系などの分散システム間のシームレスなデータ連携を実現。さらにHULFT-HUBを利用し、複数のHULFTを統合管理することで運用管理の負荷軽減も同時に実...(2016/9/13 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/7/29 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
会社支給のiPhoneでOffice 365やBoxを活用、マクニカのモバイル端末管理法とは?
 業務におけるモバイル活用を進めるために、社員にモバイル端末を支給する企業は多い。しかし、それを十分に活用できるシステムを同時に提供できなければ、メールやスケジュール管理くらいにしか使うことができず、業務の効率化は実現できない。 半導体やネットワーク機...(2016/7/11 提供:モバイルアイアンジャパン)

製品資料
あらゆる申請書をクラウド化、経理業務の時間はどこまで短縮できる?
 各種の決裁や申請などのワークフローは年々複雑化しており、多くの企業がワークフローシステムの導入を進めている。その製品選択で、クラウドサービスでは複雑な業務に対応できないと判断される場面が見られるが、実際のところはどうなのだろうか。 近年はクラウドサー...(2016/7/7 提供:株式会社Donuts)

製品資料
ワークフローシステムの「よくある失敗」を回避、製品選びの3つのポイント
 ワークフローシステムは従来、各企業の業務スタイルに適合させるため、独自開発するケースが多かった。しかし、そうした手法では、開発にコストと時間がかかりすぎ、運用後の改修にも大きな負担が生じる。そのため最近では、パッケージソフトやクラウドサービスを活用す...(2016/7/7 提供:株式会社Donuts)

事例
ダイナースクラブが信用取引の申請を電子化、既存業務と統合できた秘訣を探る
 顧客情報を扱う信用取引の申請作業では、いまだに紙の書類が必須と考える企業が多い。しかし、その意識も変わりはじめており、信用取引の申請でさえ大量の書類を受け取り、記入・署名し、返送するような手続きは顧客離れの要因となりつつある。 世界中で何百万人もの顧...(2016/5/18 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
IT資産の取捨選択:使い慣れたNotesか、クラウドツールか、判断の基準
 テクノロジーは日進月歩であり、IT資産の刷新はよりよい効果を生むケースが多い。日々の業務を支えるグループウェアについても同様で、例えば「IBM Notes/Domino」は、新しい業務に合わない、コストを削減したい、移行提案を受けたという3つのきっかけで刷新することが...(2016/5/13 提供:コムチュア株式会社)

事例
「145の電子メールシステム」が乱立していたシドニー大学、プラットフォーム統合に成功したカギとは
 部門ごとに異なるアプリケーションが利用され、それに伴いプロセスが断片化していると、組織全体のITコストは合理化が進まず、同時にさまざまなリスクも温存してしまう。ここで考えられる対策は、やはり1つのプラットフォームを各部門が利用する体制に変更することだ。(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

製品資料
マイナンバーのクラウド運用って実は危険? 官公庁も導入した万全の漏えい対策
 マイナンバーは取得して保管する場合だけでなく、運用にも安全が求められる。そのため既存システムに大きな改変が必要なのではないか、運用ルールを策定して社内スタッフへの教育もしなくてはいけないのではないか、などの懸念は尽きない。 そこでクラウドサービスに一...(2016/4/1 提供:サイエンスパーク株式会社)

製品資料
機密データや動画ストリーミングの共有もオンラインストレージが支える
 オンラインストレージの普及に伴い、「社外秘文書や業務マニュアル、研修・教育動画といったファイルを実際に相手へ渡さずに、その内容の共有や配信を行えないか」という新たなニーズが生まれている。 企業間のファイル共有が進むにつれて、安全性への配慮は一層欠かせ...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

Loading