2013年06月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“Surface Mini”とWindows Blueを投入「Surface」の逆襲が始まる

Windowsタブレットの勢いに乗り、Surfaceがシェアを伸ばすことはできるのか。米Microsoftは“Surface Mini”ともいわれる7インチの小型版SurfaceやWindows Blueの投入で、先行するiPadやAndroidタブレットへの逆襲の準備を進めている。

[Andy Patrizio,TechTarget]

 米MicrosoftWindowsタブレットSurface」に引導を渡すのは、もう少し待とう。同社の2013年の第1四半期は、PCの売れ行きはさっぱりだったが、Surfaceは、他のタブレット製品と同様に勢いに乗り、市場シェアを獲得する可能性がある。

 米調査会社Strategy Analyticsの最近のリポートによると、2013年の第1四半期のWindowsタブレットの出荷台数は300万台で、iPadの1950万台やAndroidタブレットの1760万台と比べると見劣りするものの、市場シェアを7.5%に拡大している。

 これまで出されてきた報告書では、Surfaceシリーズの業績は痛ましいほど少ないかゼロに近かった。米市場調査会社IDCは、2013年のSurfaceシリーズの市場シェアを1.9%と予想しているし、2012年第4四半期は90万台しか売れていない。しかし、上記の数字は実際に有効な統計であり、Surfaceもシェアを伸ばすことが考えられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。