2012年11月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

BYODに最適なタブレットか「Surface」がセキュリティ担当者の注目を集める理由

「Windows RT」を搭載するMicrosoftの「Surface」で注目されるのはセキュリティ機能だ。これによって企業内での利用も可能になる。Surfaceのセキュリティ機能が他のタブレットに比べて優れている理由を解説する。

[Michael Cobb,TechTarget]

 米Microsoftタブレット端末「Surface」の発表を受け、BYOD(Bring Your Own Device)(私物端末の業務利用)の課題克服に苦慮していたセキュリティチームからは、ほぼ一様に安堵の声が上がった。企業のネットワークで既に使用されている他のBYOD端末に比べると、Surfaceは管理者がずっと容易にセキュリティを確保し、コントロールできるからだ(参考記事:Windows RTタブレット、企業導入の勘所)。

 Surfaceの登場でIT管理者はようやく、OSやセキュリティ設定の利点、欠点など、自分たちが全てを知っている端末を手にできる。SurfaceにはいずれWindows 8のセキュティ機能がフルコースで搭載される。つまり、企業はWindowsベースのセキュリティシステムに関する既存の知識と、データ利用に関するポリシーを徹底するためのリソースを活用できる。これで企業の情報セキュリティチームは相当やりやすくなるはずだ。ただしコンシューマーがSurfaceを使ってくれればの話だが。

 本稿ではSurfaceの概要を紹介し、情報セキュリティの観点から、他のタブレットプラットフォームに比べてSurfaceが優れている理由を説明する。

Surfaceの機能

 競争が激化する市場に参入したMicrosoftのタブレットは、iPadほどクールではないという意見もあるかもしれない(参考記事:“クールさ”でAppleに完敗のMicrosoftは本当に敗者なのか?)。だが流行に敏感なビジネスユーザーにとって、Surfaceは確かに印象的だ。圧力を感知するカバーはフル仕様のキーボードとトラックパッドの機能を併せ持ち、内蔵のキックスタンドと、USBおよびHDMIポートも備える。

 Surfaceには2つのバージョンがある。1つは「Windows RT」を搭載する「Surface with Windows RT」。RTはWindows 8の1バージョンで、iPadなど多数のスマートフォンやタブレットが採用しているARMのCPU搭載端末に対応する。もう1つの「Surface with Windows 8 Pro」は、「Windows 8 Pro」を搭載し、従来のIntel製CPUに対応する。

 タブレットとPCの両方で共通のビジネスOSを使うことのメリットは見過ごせない。ユーザーにとって、Windows RTのルック&フィールはWindows 8と変わらない。しかし管理者は、幾つかの重要な違いを認識する必要がある。Surfaceには「Office for Windows RT」がプリインストールされ、ユーザーは他のタブレットに比べてずっと簡単に、ファイルを使った作業ができる。タクシーの中で、到着直前までPowerPointのプレゼン資料を編集できるのは非常にありがたい(参考記事:詳細が明らかになったOffice 2013 RTの提供方法と機能)。

 Office for Windows RTにはOffice標準版の機能の大部分が搭載されているが、一部欠けている機能もある。Microsoftのブログによれば、マクロがサポートされていない、ActiveXコントロールを使ったツールに対応できない、PowerPointが古いメディアフォーマットに対応していないなどだ。実際に問題になりそうなのは以上の点のみのようだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news157.jpg

「オウンドメディアは動画」 企業の4割が重視、でもユーザーは?
魅力的な企業Webサイトのポイントから最近人気の「ちょい飲み」、シニア世代の意識の変化...

news109.jpg

データアーティストが「DLPO Ai」と「DLPO DMP」をリリース
データアーティストはディープラーニングとワードエンベディングの技術を用いた「DLPO DM...

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...