2012年05月02日 18時30分 UPDATE
特集/連載

サードパーティー製はMetroアプリのみサポートWindows RTタブレット:非対応アプリはデスクトップ仮想化で

Windows RT(Windows on ARM)のデスクトップモードで使えるのはMicrosoftアプリのみ。サードベンダーアプリはMetro版しかサポートされない。この制限を回避する方法とは?

[Brien M. Posey,TechTarget]

 デスクトップ仮想化は、Windows RTにおけるレガシーまたはサードパーティーアプリケーションの利用の問題を克服するのに役立つ。

 「ARM版Windows 8」あるいは「Windows on ARM(WOA)」などと呼ばれてきた「Windows RT」は、米AppleのiPadに挑む米Microsoftが新たに投入する本格的なタブレット専用OSだ。この新OSの登場はタブレットユーザーにとって、OSの選択肢が増えることを意味する。しかしWindows RTタブレットはアプリケーションサポートに制限があり、このことが普及の妨げになりかねない。

 幸いなことに、仮想デスクトップに接続すれば、この制限を回避できる。アプリケーションは端末上ではなく、バックエンドサーバで動作するからだ。しかし、仮想デスクトップ環境におけるWindows RTの利用について見る前に、Windows RTタブレットでのMicrosoftのアプリケーションサポートにどのような制限があるのかを理解しておく必要がある。

Windows RTのサポートの制限

 Windows RTでは、新しいMetroインタフェースが採用される。Metroインタフェースでは、静的なアイコンの代わりに(Windows Phoneのインタフェースと同様の)動的なタイルが使用されるが、Metroアプリしか動作しない。Metroアプリは、Windows 8とそのタッチ操作用に設計されたアプリだ(画面1)。

MetroインタフェースではMetroアプリが動作する 画面1 MetroインタフェースではMetroアプリが動作する

 もちろん、MicrosoftがレガシーWindowsアプリをサポートしなければ、大きな反発があるだろう。同社はそれを踏まえ、これらのアプリをサポートするためにデスクトップモードを開発した。デスクトップタイルをクリックしてデスクトップモードに切り替えると、Metroに対応していないアプリを実行できる(画面2)。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...