2012年10月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「BYOD用の最新端末」と考えるべきWindows RTタブレット、企業導入の勘所

デスクトップPCと同じように管理しようとしなければ、Windows RTタブレットは問題なく業務に利用できるだろう。

[Eric Beehler,TechTarget]

 Windows RTとWindows 8は、Microsoftとその伝統的なデスクトップOSにおける歴史的大転換といえる。というのも、1990年代以降、広く使われてきたデスクトップコンピュータの利用率に陰りが見え始めており、世間に耳を傾けてみると「今度の年末シーズンに欲しい製品」として人々が口にするのはPCではなくタブレットだ。そしてMicrosoftが新たに用意した2種類のOSも、まさにそうした声に応えるものとなっているためだ。

 1つはWindows 8。iPadAndroidタブレットからヒントを得て、ユーザーインタフェース(UI)を刷新した。これまでのWindowsらしさを一部放棄し、x86ハードウェア以外にも対応している他、スタートボタンがなくなり、マウスなしでも操作できるようになった。

 Windows RTは、米AppleのiOS、米GoogleのAndroidなど、他のモバイルOSを動かすアーキテクチャを採用。携帯性を考えて設計しているため、コンパクトで電力消費が小さい。ARMの効率的なSoC(System-on-a-chip)デザインもますます進化し、勝者になれるだけの速度と処理性能を実現している。ARMプロセッサで動くこのWindows RTのリリースによって、x86ベースの“Wintel(Windows+Intel)パラダイム”は崩壊することになる。

 こうしたWindows 8とWindows RTでは、2012年8月まで「Metro」と呼ばれていた、新たなスタイルのアプリケーションが提供される。このアプリは全画面で実行され、タッチ操作に向いたモバイル対応のインタフェースを備えている。問題は、x86ベースのWindows 8タブレットなら従来のWindows OSとアプリケーションも実行できるが、ARMベースのWindows RTタブレットでは、現在のWindows 7で実行可能なプログラムが全て動作するわけではない点だ。

Windows RTタブレットは「BYOD用の最新型タブレット」と考えるべき

 ではWindows RTとWindows 8の違いは何か? まずエンドユーザーの視点で見ると両者に違いはない。Windows RTは見た目も操作性もWindows 8と変わらない。スタート画面もデスクトップも同じで、設定もほとんど違いがない。デスクトップPCでは「デスクトップモード」を使うことになるが、メモ帳やペイント、さらにはOffice 2013 など、従来のアプリケーションのRT版も用意されている。フル機能のWindows 8 PCとWindows RTタブレットの違いにユーザーが気付くことはないだろう。

 だが、管理者の視点で見ると幾つかの違いがある。まず、Windows RTはドメインに参加できない。また、x86/x64ネイティブのデスクトップアプリケーションを実行することも、グループポリシーを使ってタブレットを管理することもできない。

 これは大きなトレードオフのように思える。だが、正しい在り方ともいえるのではないだろうか。現在、業務で使われている私物のiPhoneにグループポリシーオブジェクト設定を適用しているケースはまずないだろうし、業務利用が認められたAndroid端末にドメインへの参加を求めることもないからだ。そもそもデスクトップと同じ条件でスマートフォンやタブレットを管理すれば、こうしたモバイル端末は真価を発揮できないだろう。

 従って、Windows RTはBYOD(Bring Your Own Device)のための最新型タブレットと考えるべきだろう。つまり、業務での利用を認めた他のモバイル端末と同じように扱い、まずはWindows RTタブレットを業務で活用できるようにする。従来のアプリケーションは使えないものの、新しいWindowsアプリを実行でき、なおかつWindowsの標準的な規則には従うことができるので、Windows RT端末独自の恩恵を享受できるはずだ。

アプリケーションの仮想化で既存アプリもWindows RTタブレットで使える

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...