2013年07月19日 07時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 8.1プレビュー版解説(後編)“お手頃デバイス”と共に登場するWindows 8.1

Windows 8.1登場で実現するのは小型のタブレットデバイスと、お手頃価格のデバイスだ――。Windows 8.1に込められた米Microsoftのモバイル戦略とは。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米MicrosoftのWindows Commercial担当ゼネラルマネジャー、アーウィン・ヴィッサー氏へのインタビューの後編。前編「XP、7ユーザーのための『Windows 8.1入門』」では、Windows 8.1での新機能、セキュリティ、Microsoftの製品バージョンアップの短期化戦略について聞いた。後編では、「複数のデバイスを使い分ける必要性をなくして、1つで何でもこなせるWindows 8の万能モバイルデバイスを実現する」というMicrosoftの展望を明かしている。

――タッチデバイスのスイートスポットはどんなデバイスになりますか。実際のところ、300〜400ドルのUltrabookで、大手のIT企業でも従業員が十分に使用できるような仕様のものは実現するのでしょうか。それともこの価格なら一般消費者向けの仕様となるのでしょうか?

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...