2013年07月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows Server 2012 R2でハイブリッドクラウド実現進撃するITの巨人、米Microsoftの企業向け新戦略とは

正式リリースまで秒読みが始まったWindows Server 2012 R2。ハイブリッドクラウド機能をはじめ、企業ニーズが大きい複数の新機能を搭載するという。

[Jeremy Stanley,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows Server 2012」および「System Center 2012」の新バージョンには、プライベートクラウドとパブリッククラウド間でのワークロードの移動を可能にするハイブリッドクラウド機能が搭載される。また、マルチデバイス管理にも対応するほか、Azureの課金方法も一部変更されている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...