2013年07月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows Server 2012 R2でハイブリッドクラウド実現進撃するITの巨人、米Microsoftの企業向け新戦略とは

正式リリースまで秒読みが始まったWindows Server 2012 R2。ハイブリッドクラウド機能をはじめ、企業ニーズが大きい複数の新機能を搭載するという。

[Jeremy Stanley,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows Server 2012」および「System Center 2012」の新バージョンには、プライベートクラウドとパブリッククラウド間でのワークロードの移動を可能にするハイブリッドクラウド機能が搭載される。また、マルチデバイス管理にも対応するほか、Azureの課金方法も一部変更されている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。