2013年08月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“むちゃ振り上司”にこういわれたら【第6回】「海外子会社を設立することになったのだけど」といわれたら

事業展開に伴い海外子会社を設立する企業が増えている。その際、財務経理部門は何に気を付ける必要があるのか。親会社側と子会社側の対応ポイントを解説する。

[原 幹,クレタ・アソシエイツ]

 企業グループの拡大や再編に伴って海外での子会社展開が積極的に行われるようになってきた。上司から海外子会社の設立について相談を持ちかけられることもあるだろう。海外子会社を設立、運営するためにやるべきことは多岐にわたる。財務経理部門の視点からはどのような点に注意して子会社を設立、運営していくべきなのだろうか?

グループ子会社が増えるということ

 日本国外に拠点を置く子会社(海外子会社)設立の理由は以下のようにさまざまだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...