TechTargetジャパン

製品資料
ガイドライン対応から標的型攻撃対策まで――「特権ID管理」の全ての課題を解決
 内部統制、FISC安全管理対策基準、PCI DSSなどのガイドライン対応を厳格かつ効率的に行うため、特権ID管理の重要性が広く認識されるようになった。申請管理、ID管理、アクセス制御、ログ管理によって構成される管理プロセスでは、「承認に基づく特権IDの利用」と「その...(2016/8/1 提供:NTTソフトウェア株式会社)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
はてな経理部長が語る、マザーズ上場を支えた財務会計システムの「これが助かった」
 はてなは、人力検索サービスの提供を開始してから15年後となる2016年2月に東京証券取引所マザーズに上場を果たした。同社ではIPOを視野に入れ始めた2012年ごろから新財務会計システムの検討に入り、翌年6月にシステムを本格稼働した。 旧システムは、2008年ごろにリリ...(2016/5/23 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
海外現地法人と財務連携ができない――「会計ソフト」がアジア展開の落とし穴
 近年、中国や韓国をはじめとするアジア地域で事業展開する企業が増えているが、これらの企業にとって頭の痛い問題となっているのが、各国の現地法人が独自に導入した会計ソフトだ。 日本の本社でデータを統合しようにもフォーマットが異なるなど、正確な連結決算データ...(2016/4/28 提供:ピー・シー・エー株式会社)

製品資料
約80%のコスト削減を実現する「電子請求書プラットフォーム」の実力とは?
 電子請求書プラットフォームは、請求書を発行する側と受け取る側の双方で利用することにより、大幅なコスト削減を実現できる。処理スピードが迅速化されることで作業の時短化が進み、生産性が向上するだけでなく、決算の早期化も実現し、正確な経営状況の把握も可能にな...(2015/7/24 提供:株式会社インフォマート)

技術文書
音声データの内部統制に効く通話録音ソリューション 〜VoiceTracking〜
 内部統制、コンプライアンス管理は本来、事業目的の達成を支えるもの。この機会に積極的な対応を行い、業務運営の質を向上させるべきだ。通話録音ソリューション「VoiceTracking」は、録音データの蓄積による証跡管理をはじめ、音声へのタグ付けによる説明責任の遵守状...(2015/5/3 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
マイナンバー制施行など最新動向を踏まえたクラウドのセキュリティリスクと対策
 今や、企業のクラウドサービス利活用は珍しくない。だが、セキュリティ対策については、サービス提供ベンダー任せにしているケースがほとんどだ。2015年から2016年にかけては、電子帳簿保存法の規制緩和で、企業の文書電子化がますます増える他、マイナンバー制の施行...(2015/3/25 提供:NTTソフトウェア株式会社)

レポート
会計システムはオンプレミス運用が6割、マルチデバイス環境での利用はわずか6%
 会計システムは6割以上の企業がオンプレミスで運用しており、マルチデバイス環境での利用はわずか6%──ミロク情報サービスが、企業の会計システムの実情について行った調査によると、会計システムは63.7%の企業がオンプレミスで運用していると回答、情報システムと比...(2015/1/23 提供:株式会社ミロク情報サービス)

事例
関連会社40社向けのプログラムリリース業務、どうやって一元化・自動化した?
 マヨネーズやドレッシングなどの加工食品で知られるキユーピーとその関連会社40社のIT業務を支えるトウ・ソリューションズ。同社では、日本SOX法順守を目的に、内部統制の観点から、開発と運用の分離を決定。プログラムリリースの自動化に向けて取り組みを開始した。 ...(2015/1/16 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
情報漏えい対策、待ったなし! 特権IDの一元管理で煩雑さを解消
 管理が不十分な特権IDを悪用した大規模な情報漏えい事件が相次いでいる。設定項目変更、データアクセス、ユーザー領域の管理など、高レベルな権限を持つIDが「特権ID」だ。そのため、管理が不十分だと大きなセキュリティリスクとなる。特権IDを誰がいつどこに対して利用...(2014/10/27 提供:株式会社ディアイティ)

製品資料
紙による申請/決裁業務をそのまま電子化したワークフローシステムで、時間コスト削減と、ビジネススピード向上を実現
 申請・承認、決裁などの業務はいまだに紙の運用、という企業は少なくない。だが、「申請のフローが分かりにくい」「申請から決裁まで時間、コストが掛かる」「申請後どうなっているかが不明」「結果入力や保管など手間が掛かる」などの課題を感じたまま、運用を続けてい...(2014/10/7 提供:インフォテック株式会社)

事例
【導入事例】アサヒ飲料が年間4000時間のコスト削減を実現した紙運用からの脱却によるビジネス改善とは
 申請や承認、決裁業務の紙運用は、コストも手間も時間も掛かる。紙運用の柔軟さを生かしたドキュメントワークフローシステムを活用することで、コスト削減や運用効率向上はもちろん、ガバナンス強化も実現できる。 本資料は、ワークフローシステムを導入して、業務改善...(2014/10/7 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
Office 365導入済み・検討中の企業必見! Office 365のメールセキュリティ、6つの落とし穴に注意
 クラウド型メールへの移行が進んでいる。ビジネスソリューションに強いマイクロソフトのOffice 365導入を検討あるいは決定した企業も多いだろう。だが、標準機能だけでセキュリティ対策は万全だろうか? メール送信時の上司承認や送信拒否などの一部の誤送信防止機能は...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
Google Apps、Office 365メールのセキュアなアーカイブをクラウドで実現
 Google Apps、Office 365などのクラウド型のメールサービスに移行する企業が増えているが、既存の環境でこれまで同様のセキュリティ対策が実施できているだろうか。内部統制やコンプライアンス対応で、メール情報管理が重要視されており、企業はこれまで以上にコストを...(2014/1/27 提供:株式会社トランスウエア)

技術文書
これでもう悩まない!仮想デスクトップ環境構築術
 業務生産性向上、多様化するワークスタイルへの対応や、内部統制、セキュリティ対策などさまざまな経営課題を解決するソリューションとしてデスクトップ仮想化が注目されて久しい。だが、さまざまなクライアント環境への対応の困難さやサイジングの難しさから、仮想デス...(2014/1/27 提供:株式会社ネットワークバリューコンポネンツ)

事例
バックアップTCO削減事例:DRシステムの帯域幅問題を解決するには?
 アルミ総合一貫メーカーの日本軽金属では、オープン化によりシステム導入、構築のフットワークは軽くなったが、障害対応は複雑化していた。内部統制やコンプライアンスの順守という観点から事業継続性計画(BCP)に基づいたシステム対応が必要であり、その一環としてデ...(2013/12/6 提供:ノベル株式会社)

事例
9件の失敗例に学ぶ購買管理プロジェクト成功の秘訣
 間接材のコスト削減や業務効率化、内部統制の強化など購買改革を目的とした購買管理システムの導入は、企業価値の向上に貢献する。しかしながら取り組み方を誤ると、途中で頓挫したり、メリットを享受できないまま、失敗に終わる例も少なくない。陥りがちな失敗例を事前...(2013/12/2 提供:株式会社カウネット)

製品資料
「クラウド財務管理」は海外拠点の会計チェック業務の解決策となるか?
 海外進出する企業が増える中、現地での収益確保を最優先するため、海外拠点の財務状況の管理や内部統制が手薄になる事態が発生している。現地の物品購入の把握ができずに不正のリスクを抱えていたり、日本の本社・統括会社から現地の財務を把握するのに事務コストが掛か...(2013/11/14 提供:株式会社ビーブレイクシステムズ)

事例
楽天銀行が実践する情報保護対策 Excelでのアクセスログ解析から脱却したDLPの効果
 国内最大規模のネットバンクである楽天銀行は、常に外部からの攻撃という脅威と戦ってきた。また、社内サーバのデータ保護についても、積極的に取り組んできた。しかし、以前から試験的に導入していたログ管理ソリューションでは、効果的な監視や監査ができなかったと担...(2013/6/13 提供:株式会社シマンテック)

事例
会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用を統合しクラウド化するには?
 「JINS(ジンズ)」のブランド名で知られるアイウエア事業を中心に、高機能・高品質を追求しながら、既成概念にとらわれない事業戦略でビジネスを追求するジェイアイエヌ。同社では、会計/販売管理/在庫管理システムの個別運用がビジネスのボトルネックとなり、業務効...(2013/6/10 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
失敗から学ぶデスクトップ仮想化導入の秘訣
 IDC Japanのリポート(※)によると、導入率が2012年に20%を突破。2016年には40%と大きな市場の伸びが見込まれており、デスクトップ仮想化が、いよいよ普及期に入ったと思われます。※「国内クライアント仮想化市場 2012年上半期の分析と2012年〜2016年の予測アップデ...(2013/5/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
ワークフローのリプレース検討、国内企業に必要なワークフロー機能とは?
 自社のビジネス上の処理手続きを自動化するワークフロー。今や内部統制のためでなく、従業員の生産性を向上したり、企業活動を円滑に行う上で欠かせない機能といって差支えないだろう。そのため、最近ではグループウェアの機能の1つとしてワークフローが用意されている...(2012/11/28 提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)

製品資料
中堅・中小企業のグローバル経営に最適化したERPソリューション
 経済のグローバル化の流れが加速する中、新たに海外へ進出する日本企業が増えている。最近は国内市場に閉じて事業を展開してきた中堅・中小企業が、海外新興国の市場に活路を見いだそうと海外拠点を新設するケースが多い。その際に課題になるのが、本社から海外拠点に対...(2012/6/27 提供:リコーITソリューションズ株式会社)

レポート
データ管理を効率化する「階層型アーカイビング」を実装するには
 企業の情報システムが直面している課題の1つに「いかにしてデータを効率的に管理するか」が挙げられる。昨今の爆発的なデータ増加によって、従来の管理手法では作業に必要な時間や対象データ容量、管理コストも増え続けているからだ。 データ管理手法としての「アーカ...(2012/6/11 提供:イメーション株式会社)

技術文書
紙文書に関わるビジネスプロセスの効率化について!
 TOP Image Systemsデジタルメールルームアプリケーションは、あらゆる企業内の紙文書に関わる業務プロセスの完全なサポートによって、多くのビジネス要件に答えることを目的とした革新的なソリューションだ。 紙、ファックス、あるいは他媒体は、様々...(2012/5/23 提供:株式会社 Top Image Systems Japan)

事例
日本製粉のERP刷新プロジェクト IFRS対応を見据えグループ23社の会計管理を実現
 「オーマイ」ブランドなどで知られる日本製粉グループでは、既存ERPパッケージのサポート切れを契機に、グループ全体での経営管理の高度化を図るべく、財務会計基盤の刷新に取り組んだ。 日本製粉グループ全体の情報システム業務を一手に担う日本製粉システムセンター...(2012/5/1 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
ワークフローのリプレース検討、国内企業に必要なワークフロー機能とは?
 自社のビジネス上の処理手続きを自動化するワークフロー。今や内部統制のためでなく、従業員の生産性を向上したり、企業活動を円滑に行う上で欠かせない機能といって差支えないだろう。そのため、最近ではグループウェアの機能の1つとしてワークフローが用意されている...(2012/3/14 提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)

製品資料
社内に潜む最大のセキュリティリスクを回避せよ
 近年、システム監査や内部統制などで指摘を受けたことを踏まえ、多くの企業がIT全般統制に関するリスクへの対応策の強化を進めている。また、オンライン上でクレジットカード情報などを取り扱うサービスが増えたことで、さまざまな業種でその保護を目的とする「PCI DSS...(2011/9/13 提供:日本オラクル株式会社)

事例
山口銀行が地銀共同化システムとのゲートウェイシステムに採用したHDC-EDI Suiteとは?
地域密着型の金融事業を展開する山口銀行では2007年IT戦略基盤の強化、経営資源の効率的活用を目指し、「地銀共同化システム」への参画を決定した。三菱東京UFJ銀行の現行システムがベースとなった地銀共同化システムへの参画により、先進的なメガバンクの基幹システム...(2011/7/29 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

事例
【導入事例】電通国際情報サービスが取組む「自社の正当性の証明」
 運用負荷やコスト削減をはじめ、多くのメリットを提供するクラウドサービス。導入する企業も年々増加しているが、自社の経営を左右する重要データをサービス事業者に預けることへのリスクや内部統制上の理由から、二の足を踏んでいる企業もまだ多い。 ユーザーとしては...(2011/7/13 提供:株式会社システムエグゼ)

Loading