クラウド選定で頼りにしたいセキュリティ認証の“お墨付き”評価基準は我流ではなく信頼できるものを

セキュリティの標準規格や認証方法には数多くの種類が存在する。それだけに、クラウド事業者を選ぶときには注意が必要だ。規格や認証方法の選択ではどのような項目に注意すればいいのだろうか。

2015年12月18日 12時00分 公開
[Dan SullivanTechTarget]
自分たちにある認証方法を選ぶ技とは 多種多様な認証方法やセキュリティ規格から自分たちに合ったものを選ぶとき、何を基準に評価すればいいのだろうか

 クラウドサービスを利用するために必要なセキュリティの要件は、業界によって異なるのは当然として、社内ですら部署によって異なる。ただ、共通する要件も多いので、クラウドセキュリティ認証の主流や標準規格が“自然発生”する。セキュリティ手法の標準規格には、「Service Organization Control」(SOC)リポートのように各業界に幅広く適用できるものもあれば、「Health Information Trust Alliance」(HITRUST)のように特定業界向けの標準規格もある。

 この記事では、クラウドサービス導入で評価の指標として現在利用できるセキュリティ手法や認証方法に関する標準規格を幾つか紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...