2015年12月18日 12時00分 公開
特集/連載

クラウド選定で頼りにしたいセキュリティ認証の“お墨付き”評価基準は我流ではなく信頼できるものを

セキュリティの標準規格や認証方法には数多くの種類が存在する。それだけに、クラウド事業者を選ぶときには注意が必要だ。規格や認証方法の選択ではどのような項目に注意すればいいのだろうか。

[Dan Sullivan,TechTarget]
自分たちにある認証方法を選ぶ技とは 多種多様な認証方法やセキュリティ規格から自分たちに合ったものを選ぶとき、何を基準に評価すればいいのだろうか

 クラウドサービスを利用するために必要なセキュリティの要件は、業界によって異なるのは当然として、社内ですら部署によって異なる。ただ、共通する要件も多いので、クラウドセキュリティ認証の主流や標準規格が“自然発生”する。セキュリティ手法の標準規格には、「Service Organization Control」(SOC)リポートのように各業界に幅広く適用できるものもあれば、「Health Information Trust Alliance」(HITRUST)のように特定業界向けの標準規格もある。

 この記事では、クラウドサービス導入で評価の指標として現在利用できるセキュリティ手法や認証方法に関する標準規格を幾つか紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...