TechTargetジャパン

技術文書
5ステップで徹底解説する「パブリッククラウドのセキュリティ検討ガイド」
 ビジネス変化に応じてITシステムを短期かつ低コストで構築する手段の1つとして、パブリッククラウドの利用が進んでいる。パブリッククラウドは、「オンプレミス」や「データセンター」同様、IT環境の1つにすぎないが、パブリッククラウド上にITシステムを構築する際には...(2013/11/15 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
パブリッククラウドの課題を解消するストレージの選択方法
 今日、パブリッククラウドの有用性は、周知の事実となりつつある。ESGの調査レポートによると回答企業の70%が、現在少なくとも1つのパブリッククラウドを採用していると回答し、20%の企業はクラウドを利用する計画がある、または利用することに関心があると回答してい...(2015/4/1 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
ITインフラのバズワード、6つのウソ、ホント
 IT の世界は、いつでも「バズワード」や単純化された言い回しにあふれている。本記事ではIT インフラに関する6 つの話題について、誤解と真実を探る、扱う話題は、コンバージドインフラ対ハイパーコンバージドインフラ、データレイク、パブリッククラウド対プライベート...(2015/6/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
5年間でTCOを62%削減、プライベートクラウドに関する意外な調査結果とは?
 テクノロジーの進化に伴いITインフラの選択肢は増えており、ハードウェアの購入、所有から、パブリッククラウドサービス利用による運用移行を検討する企業も増えている。一方で、パブリッククラウドの中には、長期的にはコスト増を招く恐れもあり、ピーク時のサービス品...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド
 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙...(2016/11/17 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly パブリッククラウドのススメ
 「所有から利用へ」。ITのパラダイムシフトをもたらしたのがパブリッククラウドだ。企業は保守・運用から解放され、必要なリソースを必要なときに必要なだけ利用できる柔軟性とスケーラビリティを享受できる。一方で、セキュリティ上の懸念やコンプライアンスによる制約...(2014/1/15 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティレベルを上げる5パターンの対策
 パブリッククラウドの利用について、数年前までは多くの企業がセキュリティの不安から慎重な態度を示していた。しかしその後、セキュリティレベルはユーザーにとって安心、あるいは許容できるものとして受け入れられるようになり、現在ではメールなどの情報系だけでなく...(2015/8/14 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

レポート
社内システムのクラウド移行、オンプレミスと異なる気を付けたいポイント
 日本企業の間にも“クラウドファースト”の考え方が浸透し、パブリッククラウドの利用が拡大している。かつてのパブリッククラウドは、データがどこで運用されるか分からないという不安から、利用に二の足を踏む企業が少なくなかった。昨今では、日本国内のデータセンタ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Microsoft Azureの担当者が語る、パブリッククラウドセキュリティの実像
 組織がパブリッククラウドサービスを活用する際に、セキュリティ上留意すべきポイント、対策を講じるべきポイントはどこか。これを分かりやすく包括的にカバーする資料はあまり多くない。今回のIT INSIDERでは、この点を解説した米マイクロソフトのマーク・ラシノビッチ...(2014/4/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハードウェア専有が可能なクラウドサービスでパブリッククラウドの課題を解消
 導入が進むパブリッククラウドは、普及とともに基幹系システムのクラウド化への要望が高まってきた。だが、オンプレミス環境と同等のセキュリティや性能、連携するシステムとのネットワーク構成の維持などの課題が導入のネックになっている。 本資料は、その課題を解決...(2014/7/16 提供:ニフティ株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

製品資料
「セキュリティ対策の矛盾点」パブリッククラウドを本当に守るためには
 クラウド総研の調査によれば、パブリッククラウドを利用する企業の7割が「セキュリティ対策は十分」だと回答している。しかしその一方で、既に2割の企業がパブリッククラウド上でセキュリティ被害を受けたと回答している。 対策済みとして挙げられたセキュリティ対策の...(2015/8/14 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

レポート
パブリッククラウドの10大リスク──対処のヒント
 パブリッククラウドコンピューティングのリスクは、トップ10に収まらないほどたくさんある。業界団体やCIOは、パブリッククラウドへの取り組みに役立てるために脅威リストを作成している。パブリッククラウドは、好むと好まざるとにかかわらず企業IT環境に浸透していく...(2012/12/12 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
Windows Server 2003サポート終了を機に考える、最適なクラウド活用とは?
 2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server 2003から新しいサーバOSへの移行を機に、パブリッククラウドの活用を進めたいと考える企業は多い。同OSの最新版であるWindows Server 2012 R2は、クラウド環境での運用に適した機能が豊富に盛り込まれている。この新し...(2015/6/25 提供:デル株式会社)

レポート
パブリッククラウドの10大リスク──対処のヒント(Kindle版)
 当コンテンツは、TechTargetジャパンの記事をスマートメディアでの表示に最適化したKindle(mobi)形式で提供するものです。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。 パブリッククラウドコンピューティングのリスクは、トップ10に収まらない...(2012/12/12 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド
 ITインフラを構築する際には、6割以上の企業がクラウドの活用を検討するようになっている。これは、クラウド技術の進化により、導入時から運用に至るまで一貫して優れたコストパフォーマンスを提供する多彩なクラウドサービスが出そろったためだ。 そして選択肢が増え...(2016/11/1 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?
 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。 パ...(2014/9/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

講演資料
「物理とクラウド」「パブリックとプライベート」、ハイブリッド環境の作り方
 データセンター内の物理環境と「Amazon Web Services(AWS)」などのパブリッククラウドを組み合わせて、ハイブリッドに利用するケースが増えている。システムの特徴に応じてオンプレミスとクラウドを使い分けることで、ITインフラに掛かるコストを最適化できるからだ。(2015/4/30 提供:株式会社ビットアイル)

レポート
クラウドコンピューティングの認知度と利用状況 〜2010年版
 アイティメディアが2010年9月27日から10月19日に実施した、クラウドコンピューティングに関する認知度と利用状況に関する調査をまとめた。 パブリッククラウドおよびプライベートクラウドともに、国内企業における認知度は高く、特に経営者層に知られていることが分か...(2011/2/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
クラウド移行を諦めない、3つの利用事例に見る現実解としての「ハイブリッドクラウド」
 これまでサービスサイト基盤としてクラウドを利用していた企業も、そろそろ社内システム基盤としてのクラウド利用を視野に入れるころだろう。パブリッククラウドは共有型ながらセキュリティも意識した構成となっており、もはやオンプレミスとクラウドの比較を求められる...(2014/7/30 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
クラウドとオープン系システムの手薄な運用監視、強化に役立つ2種類のサービス
 稼働監視が徹底されている基幹システムと比較して、業務系および情報系システムは導入だけでなく運用についてもユーザー主体となっていることが多い。そのためIT部門の目が届きにくい傾向があるうえ、パブリッククラウド上に構築して利用されることが増えており、さらに...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」
 国内外に複数の拠点を持つユーザーの多くは、拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、データが分散することによるセキュリティリスクと、バックアップや災害対策などデータ保護のためのコストや運用の負担を余儀なくされていた。 SCSKは、このような課題に対し...(2016/10/7 提供:SCSK株式会社)

講演資料
仮想デスクトップ導入前に確認しておきたい「パブリッククラウドの選び方」
 標的型攻撃の手口はますます巧妙化し、対策ソフトが検出できない「未知のマルウェア」を想定したセキュリティ対策が求められるようになった。この状況を背景に、業務用端末をインターネットから分離しつつセキュアブラウジングを実現できる仮想デスクトップの導入が進ん...(2016/4/20 提供:トレンドマイクロ株式会社)

レポート
「パブリックとプライベート」、最適なハイブリッド比率を求めるための指針とは?
 調査会社451 Researchは、9カ国/8つの業界におけるテクノロジーおよびビジネスの意思決定者1155人を対象に、2016年以降のクラウド投資に関する調査を行った。それによると、多くの企業がさまざまなワークロードで「オンプレミスのプライベートクラウド」を使おうとして...(2016/6/29 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
日本発のイメージングバックアップソフトはここが違う!
 爆発的に増え続けるデータのバックアップをより効率的に行うには、イメージングバックアップは欠かせない。イメージングバックアップソフトを選択する際のポイントは幾つかあるが、国内のニーズをいち早く取り込んだ日本発のグローバル展開製品というのも1つのアドバン...(2015/1/29 提供:株式会社ネットジャパン)

事例
事例でわかる! IaaS型パブリッククラウドのビジネス活用ポイント
NECグループのIaaS型パブリッククラウド「BIGLOBEクラウドホスティング」の導入事例から、クラウド基盤の選定や導入効果について紹介している。■事例 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン様株式会社ユー・エス・ジェイは、スピードと運用効率を重視し、短納期とトラフィッ...(2012/1/23 提供:NECビッグローブ株式会社)

製品資料
ハイブリッドクラウド実現の最適解、Microsoft Azureとのシームレスな連携・管理の秘訣
 多くの企業がクラウド活用を進めており、クラウドファーストと呼ばれる時代となった。クラウドはIT基盤の即時導入を可能とし、初期投資を抑えることができるが、セキュリティや中・長期的な運用コストの肥大化等、検討すべき課題も多い。 近年はクラウドとオンプレミス...(2016/6/2 提供:デル株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? マルチクラウド環境で回避したい「2つの課題」とは
 導入が容易なパブリッククラウドは、企業内の各部門がそれぞれの方針で導入することができるため、情報システム部門が関与しないシャドーITが生まれる可能性がある。これはセキュリティ面でも問題となる上、割高な料金プランでの契約となったり、複数部門で契約が重複す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

Loading