2018年11月30日 05時00分 公開
特集/連載

内部関係者によるソースコードや設計データの盗難はなぜ起きる?行動の真意を探り、防止を図る

知的財産の盗難には、内部関係者や不満を抱く従業員が関与していることが多い。本稿では、知的財産の盗難と、このような内部関係者による攻撃を防ぐ方法を取り上げる。

[Peter Sullivan,TechTarget]
画像 内部関係者が知的財産の盗難に走る動機の多くはビジネスにある

 セキュリティ対処を行う機関としてカーネギーメロン大学に設置された組織CERT Coordination Center(CERT/CC)では、内部関係者よる知的財産(IP)の盗難を「組織内部の関係者が情報技術を用いて所属組織から独占所有権のある情報を盗み出すこと」と定義している。加えて、IPは「組織が作成・所有する無形資産で、組織がその使命を果たすために欠かせないもの」としている。

 標的となる可能性があるIPの例には、ソースコード、ビジネス計画、製品の設計資料などがある。

内部関係者がIPを盗む目的は

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...