攻撃がいつまでもやまない訳【前編】
ランサムウェア攻撃がやってくるのは「もはや日常業務……」
ランサムウェア攻撃は引き続き猛威を振るっており、組織のIT部門が頭を悩ませる一因になっている。なぜ攻撃者はランサムウェアに目を向け続けているのかを、調査レポートから読み解く。(2024/4/30)

生成AIで変化する開発【第2回】
なぜ開発者は「ソースコード自動生成」を素直に喜べないのか?
開発分野における生成AI導入が広がっている。生成AIツールを使うことで開発が効率化することが期待できる一方で、開発者がそれを素直に喜べない事情もある。どういうことなのか。(2024/4/10)

VMware仮想デスクトップ事業の今後【前編】
BroadcomからVMwareの事業を買収する謎の企業「KKR」の正体
BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社KKRに売却することを発表した。KKRとはどのような企業なのか。VMwareのEUC事業はこれからどうなるのか。(2024/4/4)

LLMで変わる開発【中編】
「生成AIカスタマイズ」には何が必要? 独自LLMを作る“6つの準備リスト”
生成AIや大規模言語モデル(LLM)の導入や開発に着手するには、まず何から決めればいいのか。AI活用を検討する際に確認すべき6つの基本事項を解説する。(2024/3/29)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】
高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由
生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。(2024/2/7)

補完し合う「生成AI」と「クラウド」
マッキンゼーが語る「生成AI」にはオンプレミスより「クラウド」を使うべき理由
生成AIとクラウドサービスは、互いの利点を引き出す相互補完的な関係にある。例えば、生成AIを活用することで、アプリケーションのクラウド移行期間を短縮できる。(2024/1/17)

「AI向けプロセッサ」の競争激化【後編】
Google「Gemini」やAMD「APU」は後発ではなくAI戦国時代の“予兆”では?
GoogleはAIモデルの「Gemini」や最新「TPU」を発表し、AMDはAI向けの最新プロセッサを発表するなど、AI市場の競争が本格化しようとしている。AI技術とプロセッサを取り巻く今後の行方は。(2024/1/15)

AI生成コンテンツを見分けられるか?【第1回】
「AI製なのかどうか」を人間にはもう見破れない現実
生成AIの活用が急速に広がる一方で、生成したコンテンツの信ぴょう性や、著作権侵害といったリスクに留意する必要がある。「AI製なのかどうか」を見破れないと、どのような問題があるのか。(2024/1/13)

「生成AI」活用成功の7つの視点【後編】
うその許容も「生成AI」を生かすこつ? 押さえるべき3つの視点
企業における活用が広がる見通しの「生成AI」。その使用には一定の課題やリスクがある。企業が生成AIを最大限活用していくために必要な視点を3つ解説する。(2023/12/25)

生成AI「8つの倫理的懸念」を整理【前編】
生成AIの「倫理的リスク」とは結局どういう問題? “4つの視点”で解説
生成AIの登場はビジネスに変革のチャンスをもたらすと同時に、新たなリスクをも生んだ。企業は、生成AIが引き起こし得る倫理的問題への対策を考える必要がある。懸念となるポイントを整理しよう。(2023/11/27)

生成AIの不安はやや解消?
“クリエイター泣かせ”ではない「画像生成AI」は何がうれしいのか?
Getty Imagesが発表した生成AIツールは、著作権にまつわるアーティストや企業の懸念を解消できる可能性がある。それはなぜなのか。具体的な特徴と併せて見てみよう。(2023/11/16)

AIを味方に付けるための視点【後編】
AI利用の「法規制」まとめ 米国やEUで検討進む
AI技術を脅威ではなく「利益をもたらす存在」と見なし、共存する社会を構築するために必要な取り組みの一つが法整備だ。米国やEUにおける法整備の動向を整理する。(2023/11/12)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第3回】
Red Hatの「RHEL」に不満な人を救うのは“SUSE”か?
新製品開発に注力し、競合Red Hatに果敢に対抗しようとしているSUSE。「全てはユーザー企業のためだ」と語るSUSEのCEOに、取り組みの“理由”を聞いた。(2023/9/29)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第1回】
OSSらしくない「Linuxディストリビューションの矛盾」とは
LinuxベンダーSUSEはアジアで攻勢を掛ける。同社が事業拡大のチャンスとして見るのは競合Red Hatが打ち出した“ある動き”だ。SUSEの新CEOは何を考えているのか。(2023/9/20)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【後編】
医療でこそ「NFT」(非代替性トークン)が大きな期待になる理由
NFT(非代替性トークン)化した医療情報は、医学研究と臨床医療に大きな変化をもたらす可能性がある。研究者が特に重視するのは「患者が自身のデータをNFTで管理すること」が患者に行動変容を促す点だ。その理由は。(2023/8/8)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【中編】
医療データの「NFT化」が臨床研究で期待されるのはなぜ?
NFT(非代替性トークン)にした医療情報は、研究をはじめ、医療分野のさまざまな用途に応用できる可能性がある。ブロックチェーンの特性が、医療の領域でどのように役立つのか。専門家の見解は。(2023/8/1)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【前編】
NFT(非代替性トークン)化が医療分野にも そもそも患者の利点は?
厳格な管理が必要な医療情報を、代替できないデジタルデータである「NFT」(非代替性トークン)にすることの価値を探る研究が進んでいる。患者にはどのようなメリットがあるのか。(2023/7/24)

「Solid」が目指す新しいWeb【後編】
次世代Web「Solid」の基礎知識 「Webの父」が生んだその仕組みとは?
エンドユーザー主体のデータプライバシーやデータ所有権の保護を目指して、Web開発者のティム・バーナーズ・リー氏が提唱するWebアーキテクチャが「Solid」だ。その仕組みをざっくりと解説しよう。(2023/7/21)

AIに真剣に向き合うときが来た?【前編】
「ChatGPT」を恐れてはいけない? ある発言であらわになった評価の分け目
AI技術はビジネスにさまざまなメリットをもたらす半面、リスクを内包する。例えば、「ChatGPT」への言及が理由で株価が急落した企業がある。何が問題だったのか。(2023/7/19)

「Solid」が目指す新しいWeb【中編】
「Webの父」ティム・バーナーズ・リー氏が次世代Web「Solid」を開発するまで
新しいWebアーキテクチャ「Solid」を設計したのは、Webの生みの親であるティム・バーナーズ・リー氏だ。バーナーズ・リー氏はなぜSolidを生み出したのか。その背景をたどる。(2023/7/14)

「Solid」が目指す新しいWeb【前編】
Webで生じた「データは誰のものなのか」問題を次世代Web「Solid」が解決する?
エンドユーザーが生成するデータを利益に変えることが珍しくなくなる一方、データプライバシーやデータ所有権を巡る議論や規制が活発化している。次世代Web「Solid」が動き出したのは、こうした動きと無縁ではない。(2023/7/6)

生成AIが直面する規制【後編】
リスクまみれの「生成AI」 “安直な使用禁止”が逆にリスクを招いてしまう訳
「ChatGPT」をはじめとする生成AIを使ったサービスは、プライバシー問題などのさまざまな懸念を抱えている。しかし安易に生成AIを使用禁止にすると、別の問題が生じる可能性がある。何が起こり得るのか。(2023/6/29)

各国が乗り出す「TikTok」規制【第4回】
“あの職種”は「TikTok」を使うと特に危ない? その理由とは
各国で「TikTok」の使用を禁止する動きが目立っている。TikTokの何に問題があるのか。特に気を付けるべき人は誰なのか。(2023/5/19)

どうなった「Exchange Server」の“あの脆弱性”【第5回】
発見者がExchange Server脆弱性研究をやめても「ProxyLogon」が危険なままの訳
2020年末からMicrosoftの「Exchange Server」に見つかった一連の脆弱性は、企業の脅威として消えていない。脆弱性を「時間が解決してくれる」ことはない。(2023/3/3)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第6回】
「そのNFTの価格、低過ぎ?」は要注意 「NFT」詐欺の賢い防ぎ方
「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃に対抗するためには、「基本的なセキュリティ対策」が有効だと考えられる。簡単に実施できる対策とは何か。(2023/2/22)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第5回】
意外と簡単? 「NFT」を狙った攻撃はこうして防ぐ
企業は「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃に立ち向かうためにはどうすればいいのか。実はその方法は難しいものではない。今すぐに始められるNFT攻撃対抗策とは。(2023/2/16)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第4回】
3億円が盗まれたNFT詐欺「投資詐欺」の巧妙な手口
攻撃者はあの手この手を使い、「NFT」(非代替性トークン)を狙っている。企業はさまざまな手口を知り、NFTに対する攻撃に備えなければならない。具体的な手口を説明する。(2023/2/9)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第3回】
“無料”を餌にするNFT詐欺「エアドロップ」のあくどい手口
「NFT」(非代替性トークン)を標的にしている攻撃者はソーシャルメディアを使い、ユーザーをだまそうとしている。要注意の手口とは、具体的に何か。(2023/2/2)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第2回】
NFT詐欺師が悪用するだましのテクニック「ラグプル」とは?
「NFT」(非代替性トークン)を狙った攻撃が活発になる中、NFT防御策の強化が急務になっている。NFT攻撃の手口とは、どのようなものなのか。幾つかの具体例を取り上げる。(2023/1/26)

NFT攻撃「8つの手口」と「8つの対策」【第1回】
NFT(非代替性トークン)の用途とは? 犯罪者の新たな“獲物”に
「NFT」(非代替性トークン)の活用が広がる中、NFTを狙った攻撃が活発化しつつある。そもそもNFTとは何か。何のために使えるのか。(2023/1/19)

画像生成AIは“クリエイティブな泥棒”か【第6回】
「画像生成AIが権利を侵害した」というアーティストの主張は成立するのか
画像生成AIモデルが目覚ましい進化を遂げている。AIモデルの教師データとなったアート作品の作者の中には、「権利を侵害された」と主張する人もいる。その主張は正しいと言えるのか。(2022/12/9)

コンサルが注目する技術トレンド【後編】
「5G」「ノーコード/ローコード開発」への“期待と懸念” マッキンゼーが調査
McKinseyのレポートは、ビジネスに変革をもたらす技術について取り上げている。企業における「5G」や「ノーコード/ローコード開発」といった先進的な技術導入が進むためには、何が必要なのか。(2022/11/18)

画像生成AIは“クリエイティブな泥棒”か【第1回】
“AI絵師”は「存在してはいけない」のか?
画像生成に特化したAIモデルが急速に進化し、目を見張る出来栄えの画像が次々と生まれている。その流れを受けて、アート作品の本質とは何かという議論が白熱している。人々が懸念する問題とは。(2022/11/5)

NFTをめぐる知財訴訟【後編】
「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張
高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。(2022/3/29)

NFTをめぐる知財訴訟【中編】
「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は
活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。(2022/3/22)

NFTをめぐる知財訴訟【前編】
NFTとは? 400億ドル規模に急成長、知財重視の企業には懸念も
「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)の市場が盛り上がりを見せている。一方で法律専門家は、知的財産権や著作権、商標権に関する法整備が追い付いていないことを危惧する。(2022/3/15)

「社外秘のファイルをうっかり共有」を防止
「Box」と「Slack」「Teams」が連携強化、利便性と安全面でうれしいポイントは
「Slack」や「Microsoft Teams」が、「Box」との連携機能を進めている。こうした動きは、IT管理者にとってどのようなメリットがあるのか。利便性の向上やガバナンス強化といった「うれしい」要素をまとめた。(2022/3/9)

メールセキュリティポリシーに必要なこと【前編】
「メールは危ない」と何度でも伝え続けなければいけない理由と、正しい伝え方
人々にとってメールは古くから慣れ親しんだコミュニケーションツールだ。攻撃者がメールを悪用するのも目新しいことではない。それでもメールを使った攻撃が成功し続けているのはなぜか。企業は何をすべきなのか。(2022/2/12)

CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【中編】
“生き残りに必死なCIO”が“成長を導くCIO”に生まれ変わるには
パンデミック初期に、その状況を乗り切るための「生き残りモード」に戦略を変えた企業がある。時間がたった今、CIOがすべきことは、ビジネス成長を見据えた「成長モード」への迅速な戦略変更だ。(2022/2/8)

英国の「.uk」ドメイン取り締まり事情【後編】
“コロナ便乗詐欺”に使う悪質ドメインの実態 取り締まりの内容と効果は?
新型コロナウイルス感染症に関連したドメインを新規に登録し、サイバー犯罪に悪用する動きがある。こうした悪質ドメインを取り締まるため、「.uk」ドメイン管理団体Nominetはどのように取り組んでいるのか。(2022/2/3)

英国の「.uk」ドメイン取り締まり事情【前編】
“悪質ドメイン”減少の訳は? 「.uk」ドメインの停止件数が過去最少に
英国のドメイン管理組織Nominetの報告から、同国でのサイバー犯罪に対する取り組みが功を奏していることが明らかになった。効果の概要とその要因を解説する。(2022/1/20)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
調査で見えた、クラウド支出の増加とセキュリティインシデントの相関関係
コロナ禍を受けて、組織のクラウド支出は一気に増加した。その一方で、セキュリティインシデントの急増に悩まされる組織も多いという。世界中の組織と業界を対象に行った調査の結果を基に、これらの相関関係を考察していく。(2022/1/7)

狙われる教育機関、サイバー攻撃を防ぐためには【後編】
ランサムウェア攻撃者が「学校は身代金を払う」と考える“おぞましい根拠”
攻撃者が教育機関を標的にすることが目立ってきた。その背景には何があるのか。実害を招かないために、教育機関はどのように対処すればよいのか。セキュリティの専門家の話から、その答えを探る。(2021/10/27)

事件は新学期直前に
「学校」がサイバー犯罪者に狙われる“納得の理由”
教育機関を狙うサイバー攻撃が活発化している。オーストラリアのニューサウスウェールズの教育省も攻撃を受け、新学期の開始が危ぶまれた。教育機関が狙われる理由とは。(2021/10/22)

「ネットワーク最新化」に向けた5つのステップ【後編】
「駄目なネットワーク刷新」を避けるための“3つのステップ”
ネットワーク刷新の失敗を避けるには、将来的なニーズの把握やコスト管理など、基本的な取り組みが重要になる。具体的に踏むべきステップについて順を追って紹介する。(2021/9/1)

使い勝手の良い素材を素早く入手する
“映える”資料を手軽に作れる「ストックフォトサービス」とは?
プレゼンテーション資料やWebサイトなど、訴求力のあるビジュアルはビジネスで重要な役割を果たす。プロのクリエイターに頼ることなく、自前でクオリティーの高い制作物を用意する方法とは。(2021/8/20)

IT関連契約を見直すヒント【後編】
アウトソーシング契約を見直す際に忘れてはいけない「セキュリティ」要件とは?
テレワークが拡大する中、アウトソーシング先ベンダーとの付き合い方が変わり始めている。変化に追従し、安心してアウトソーシングを継続するためには契約の見直しが必要だ。どう見直せばよいのか。(2021/6/10)

ゼロトラストセキュリティを導入すべき理由【後編】
「ゼロトラストセキュリティ」実現の鍵 「全てを監視する」ことがなぜ重要か
社内外に存在する情報資産を保護する有力な手段である「ゼロトラストセキュリティ」。その実現のためには、何が必要なのか。(2021/6/8)

「API」に著作権はあるのか【後編】
Googleの「Java」訴訟勝訴は本当に「開発者の自由」を意味するのか?
「Java」のAPIの著作権を争いGoogleとOracleが繰り広げた法廷闘争とその結末は、さまざまな意見を呼んだ。この判決はソフトウェア開発者にとってどのような意味を持つのか。(2021/5/24)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【後編】
NVIDIAのArm買収で広がる波紋 「Armアーキテクチャ」制限の事態も?
NVIDIAがArmを買収することに対して強い懸念が生じている一因は、世界のさまざまな企業がArmのライセンスを受けているからだ。仮に買収が成立した場合、どのような影響が出るのか。(2021/5/21)