2013年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

「62のIaaSランキング」から見える、今後のクラウド比較で気を付けたいことクラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】

IaaS上位サービスにおけるNIST定義満足度とガバナンス成熟度は完成の域に達し、PaaS層への進化や、IaaS同士の相互接続も始まりつつある。これにより、IaaS層のエコシステムやサービス手順の自動化はさらなる加速を示すだろう。

[川田大輔]

 2013年6月、NIST定義やガバナンス要件を基に、62のIaaS(Infrastructure as a Service)を比較・スコアリングし、比較表とランキングをまとめた記事「【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング」(以下、62のIaaSランキング)と、この記事に関する考察「『62のIaaSランキング』を徹底解説! 日本におけるCloud-washingの実態」を公開した。本稿では、62のIaaSを調査した筆者がIaaS市場の今後について考えをまとめた。

これからのIaaS

 IDC Japanが発表している国内サーバ市場規模調査国内パブリッククラウドサービス市場調査のデータを利用し、「クラウドは本当にコストダウンになるのか」で提示した方法論で国内サーバ運用費(含む償却費)とクラウド市場規模の関係をグラフにしてみた(グラフ)。ここで言うクラウドとはIDCの定義に基づいているので、62のIaaSランキングの調査基準で言うなら広義のクラウドに当たる。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。