2013年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

「62のIaaSランキング」から見える、今後のクラウド比較で気を付けたいことクラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】

IaaS上位サービスにおけるNIST定義満足度とガバナンス成熟度は完成の域に達し、PaaS層への進化や、IaaS同士の相互接続も始まりつつある。これにより、IaaS層のエコシステムやサービス手順の自動化はさらなる加速を示すだろう。

[川田大輔]

 2013年6月、NIST定義やガバナンス要件を基に、62のIaaS(Infrastructure as a Service)を比較・スコアリングし、比較表とランキングをまとめた記事「【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング」(以下、62のIaaSランキング)と、この記事に関する考察「『62のIaaSランキング』を徹底解説! 日本におけるCloud-washingの実態」を公開した。本稿では、62のIaaSを調査した筆者がIaaS市場の今後について考えをまとめた。

これからのIaaS

 IDC Japanが発表している国内サーバ市場規模調査国内パブリッククラウドサービス市場調査のデータを利用し、「クラウドは本当にコストダウンになるのか」で提示した方法論で国内サーバ運用費(含む償却費)とクラウド市場規模の関係をグラフにしてみた(グラフ)。ここで言うクラウドとはIDCの定義に基づいているので、62のIaaSランキングの調査基準で言うなら広義のクラウドに当たる。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...