今からプランをしたい「IFRS適用後のフォロー体制」今こそIFRS再入門【第5回】

「日本版IFRS」の作成が進む中、IFRS任意適用の動きが広がっている。IFRS適用はIFRSベースの決算を公表して終わりではない。より重要なのは適用後のフォロー体制だ。モニタリングや教育体制について解説する。

2014年01月08日 08時00分 公開
[野口 由美子,イージフ]

関連キーワード

IFRS | 教育 | 金融 | 内部統制 | 経営


 IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を巡っては日本企業の任意適用を増やす方針が金融庁から打ち出されており、企業にとってIFRSを選択しやすい環境が整えられようとしている。その1つの施策として検討されているのが「日本版IFRS」だ。日本版IFRSとは、IASB(国際会計基準審議会)で作られた本来のIFRSから日本の実務慣行に配慮した修正を行うもので、ASBJ(企業会計基準委員会)が現在具体的内容について議論を始めた。日本版IFRSは、日本の会計基準とIFRS間の差異を解決する1つの手段として取り組まれており、日本企業が純粋なIFRSを導入するよりも適用しやすいものになるとの期待がある。

 しかし、各国がそれぞれ違うIFRSを持ってしまったら、それは世界で単一の会計基準としてIFRSが機能しているとはいえない。日本版IFRSは、日本企業にIFRSの導入を促すためという目的があるとはいえ、ずっと存続するのが望ましいとはいえず、世界で単一の会計基準が日本でも適用されるようになるためのステップとして位置付けられるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...