2016年03月22日 08時00分 公開
特集/連載

データ駆動型セキュリティの鍵、「SIEM」を見極める3つのポイント「機械学習」「ビッグデータ」が変えるセキュリティ対策【第2回】(1/3 ページ)

対症療法的なセキュリティ対策が有効だといえた時代は終わった。根本的なセキュリティ対策には、社内外のデータの活用が重要だ。その現実的な手段である「SIEM」選定のポイントを示す。

[矢崎誠二,Splunk Services Japan]

 連載第1回「『ビッグデータ』を制する者がセキュリティを制する時代へ」では、サイバー攻撃に対抗するためのセキュリティ対策を進める第一歩として、「攻撃」「防御」の両面で現状把握を進めることの重要性を指摘した。今回は具体的な対策を進める際の課題と、その解決策の現状を解説する。

セキュリティ対策を無に帰す“ゼロ”

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...