2012年05月29日 09時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティ情報管理の見直しなどが急務犯罪の兆候をあぶり出す「SIEM」を攻撃者から守る5つの対策

サイバー攻撃の早期発見に役立つ「セキュリティ情報イベント管理(SIEM)」。攻撃者にSIEMの網を回避されないようにするには、SIEM自体のセキュリティ対策が不可欠だ。その具体策を解説する。

[Andrew Hutchison,TechTarget]

 セキュリティ情報イベント管理(SIEM:Security Information and Event Management)システムは、適切に導入、管理、活用すれば組織のセキュリティインフラ環境において大きな役割を果たす。翻って、検出の回避やセキュリティ管理破壊をもくろむ攻撃者がSIEMを破る戦略に出れば、攻撃成功につながることは明白だ。

 SIEMシステムが破られると、どんなことが起こり得るのか。企業が自社のSIEMシステムの守りを固めるにはどんな手段があるのか。本稿ではそうした疑問に対する答えを探る。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...