2013年04月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

課題解決ナビ海外子会社の経理状況を監視したい

本社から遠く離れた海外子会社が不正な経理処理をしていないか――。このような不安を払拭するには子会社の状況をリアルタイムに把握できるシステムの導入が効果的だ。

[TechTargetジャパン]

 日本の本社から離れた海外子会社の経営を管理することは簡単ではない。業績下落の予兆や不正会計などは、月々の定型リポートで発見することが難しい。また本社の人員を出向や出張の形で海外子会社に送り込んでも、「本社からのお客さん」として扱われ、海外子会社の実態を表す本当の情報に触れられないことも考えられる。

 製造業を中心に日本企業の海外売上比率が高まる中、海外子会社の適切な監視や管理は日本の本社にとって必須の項目になりつつある。本社から海外子会社の監視、管理を効率化するための手段として有効な「連結会計システム」「クラウドERP」を紹介する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

人工知能がPRコンテンツを自動制作、ベクトルとデータセクションがツールを共同開発
ベクトルは、人工知能(AI)でPRコンテンツの制作をサポートするツール「AI-PR」の開発を...

news005.jpg

「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタ...

news073.jpg

インテージとプレイドが連携、オフライン購買履歴から「価値観」を推定してWeb接客
インテージは、同社が提供する小売業向け生活者の見える化ソリューション「Genometrics(...