2014年03月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

特徴的なキックスタンドが受けているあのCMと同じ? 医療業界で「Surface」が選ばれている理由とは

タブレット市場のシェアがまだそれほど高くないといわれる「Surface」だが、医療現場での利用に便利な機能を搭載するなど、特定の市場ではiPadやAndroid端末よりも人気を集めているという。その理由とは?

[Diana Hwang,TechTarget]

 「Microsoft Surface」の発表から1年7カ月、米Microsoftは、激戦市場への貴重な足掛かりをつかんだ。

 成長を続けるタブレット市場では、米Appleの「iPad」と米Googleの「Android」端末の人気が依然として高く、Surfaceはまだ大きなシェアを確保できていない。だが、IT専門家たちによれば、医療分野など特定の垂直市場にSurfaceは向いており、特に「Surface Pro 2」は最適だという。

Surfaceが採用される最大の理由

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...