2013年10月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

機能強化やMicrosoft Office標準搭載に注目価格以外は評判がいい「Surface Pro 2」、9万9800円にユーザーの反応は

2013年9月に米国で発表されたMicrosoftの新Surfaceは、私物端末を業務に利用するコンシューマーにとって魅力的な機能を備えている。だが、企業が採用するには価格が障害になる。

[Alyssa Wood,TechTarget]

 米Microsoftは、2013年9月に次世代のSurfaceタブレットを米国で発表した。新しいSurfaceタブレットのモデルは、ビジネスユーザー向けのWindows 8.1を搭載した「Surface Pro 2」と、RT版のWindows 8.1を搭載した「Surface 2」の2種類だ。

 Microsoftの製品発表イベントに参加した業界ウオッチャーたちは、今回のリリースではMicrosoftは明らかにコンシューマー向けの機能に力を入れていると話す。

 「Surfaceタブレットをエンタープライズ市場に食い込ませるために、Microsoftはコンシューマーの心をつかもうとしている」。そう語るのは、米Forrester Researchのリサーチディレクター、クリス・ボース氏だ。「また、Surface 2タブレットでは、過去の多くの課題に対応している」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...