2014年09月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Red Hat、Microsoft、IBMが「Kubernetes」に参加IT業界の巨人が集結、Google主導の「Docker」管理ツール開発が開始

Dockerのコンテナに対応するコンテナ管理ツールの開発を目指すGoogle。このオープンソースプロジェクトにRed Hat、Microsoft、IBMなども参加する。

[Trevor Jones,ITmedia]
tt_aa_6136.jpg

 クラウド分野で躍進が続くコンテナ技術。業界大手や新興企業が「Docker」コンテナのオープンソース管理ツールの開発に加わった。

 米Microsoft、米IBM、米Red Hat、米Mesosphere、米CoreOS、米Docker、米Saltstackの7社は2014年7月上旬、米Googleが立ち上げたオープンソースコンテナ管理ツール「Kubernetes」のプロジェクトに参加した。Dockerの社名と同じソフトウェア「Docker」は、開発者コミュニティーで次世代のコンテナ型仮想化ソフトウェアとして爆発的な人気を呼んでおり、これらのパートナー企業はKubernetesが、Dockerの管理における課題の一部を解決する方法になると考えている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership G...

news139.jpg

「F.O.X」で計測したデータを「TREASURE DMP」内で分析可能に
CyberZとトレジャーデータは連携し、スマートフォン広告向けソリューションツール「Force...

news133.jpg

シャノンとソフトブレーンが連携、マーケティングデータを活用した営業支援を強化
ソフトブレーンとシャノンは業務提携し、マーケティングデータを有効に活用し、戦略的な...