2014年09月10日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Red Hat、Microsoft、IBMが「Kubernetes」に参加IT業界の巨人が集結、Google主導の「Docker」管理ツール開発が開始

Dockerのコンテナに対応するコンテナ管理ツールの開発を目指すGoogle。このオープンソースプロジェクトにRed Hat、Microsoft、IBMなども参加する。

[Trevor Jones,ITmedia]
tt_aa_6136.jpg

 クラウド分野で躍進が続くコンテナ技術。業界大手や新興企業が「Docker」コンテナのオープンソース管理ツールの開発に加わった。

 米Microsoft、米IBM、米Red Hat、米Mesosphere、米CoreOS、米Docker、米Saltstackの7社は2014年7月上旬、米Googleが立ち上げたオープンソースコンテナ管理ツール「Kubernetes」のプロジェクトに参加した。Dockerの社名と同じソフトウェア「Docker」は、開発者コミュニティーで次世代のコンテナ型仮想化ソフトウェアとして爆発的な人気を呼んでおり、これらのパートナー企業はKubernetesが、Dockerの管理における課題の一部を解決する方法になると考えている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...