2014年09月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftは2016年1月12日にサポートを終了実はサポート切れが迫っている「Internet Explorer 8」、今すぐ行うべきこととは?

Windows 7に標準搭載する「Internet Explorer 8」のサポートが2016年1月12日に終了する。IE 8向けのレガシーアプリを利用する企業は今すぐにでも対応が必要となる。

[Diana Hwang,TechTarget]
0912_kf_ie8.jpg

 米Microsoftは、「Windows 7」に標準で搭載する「Internet Explorer 8」(以下、IE 8)のセキュリティサポートと技術サポートを2016年1月12日に終了する。サポート終了後もIE 8で稼働するWebアプリケーションを使い続けることで、企業の重要なデータを危険にさらす恐れがある。

 IT担当者は、そうしたレガシーWebアプリケーションを更新する必要がある。Microsoftは企業のIT部門に対してIE 8のサポートが17カ月後に切れることについて警鐘を鳴らしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

従来のBIが「終わっている」と断言できる2つの理由
テクノロジーの進化により従来ビジネスインテリジェンス(BI)と呼ばれてきたものは程な...

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...