2014年09月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftは2016年1月12日にサポートを終了実はサポート切れが迫っている「Internet Explorer 8」、今すぐ行うべきこととは?

Windows 7に標準搭載する「Internet Explorer 8」のサポートが2016年1月12日に終了する。IE 8向けのレガシーアプリを利用する企業は今すぐにでも対応が必要となる。

[Diana Hwang,TechTarget]
0912_kf_ie8.jpg

 米Microsoftは、「Windows 7」に標準で搭載する「Internet Explorer 8」(以下、IE 8)のセキュリティサポートと技術サポートを2016年1月12日に終了する。サポート終了後もIE 8で稼働するWebアプリケーションを使い続けることで、企業の重要なデータを危険にさらす恐れがある。

 IT担当者は、そうしたレガシーWebアプリケーションを更新する必要がある。Microsoftは企業のIT部門に対してIE 8のサポートが17カ月後に切れることについて警鐘を鳴らしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...