2013年04月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

完璧な解決策ではないが、有望な技術「HTML5でモバイルアプリ開発」は是か非か? ネイティブアプリと比較

モバイルアプリの開発手段として、HTML5はどのくらい有効なのか。有力な対抗馬であるネイティブアプリ方式との比較を通して、HTML5の実力を探る。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 モバイルアプリケーション開発で現在最も一般的なのは、ネイティブアプリとして開発するアプローチだ。残念ながら、ネイティブアプリの開発には大きなコストが掛かる可能性があるのに加え、開発ターゲットが少数のモバイルプラットフォームや端末に限定されてしまう問題がある。本稿では、汎用的なモバイル開発手段としてHTML5の可能性を探るとともに、そのメリットとデメリットを明らかにする。

 ネイティブアプリの開発者は、各種のモバイルOSや携帯端末向けに個別のネイティブアプリを開発する。ネイティブアプリは携帯端末に直接組み込まれるため、多くの種類のモバイルOSや携帯端末をターゲットにする場合、開発コストが高くなる可能性がある。私物端末の業務利用(BYOD)を採用する動きが拡大していることもあり、ネイティブアプリの開発とメンテナンスのコストは増加傾向にあるのが現状だ。

 多くの種類のモバイルOSおよび携帯端末向けモバイルアプリを開発する必要がある企業では、端末やOSに応じて作り直さなくても済むようにしたいと考えている。こうしたモバイルアプリは、同じプログラムがどこでも動く「WORA(Write Once, Run Anywhere)」型モバイルアプリと呼ばれる。

 WORA型モバイルアプリを実現する手段には、Mobile Enterprise Application Platform(MEAP)やハイブリッド型モバイルアプリ方式などがある。本稿で焦点を当てるのは、HTML5ベースのWORA型モバイルアプリである。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

「スマホ世代」ってどの世代? スマートフォン利用者5500万人時代のリアル
国内のスマートフォン利用人口増をけん引しているのはどの世代? 10代はスマートフォン...

news147.gif

富士通がタグマネジメントのTealiumとデジタルマーケティング事業で協業
富士通はタグマネジメント事業大手のTealiumとデジタルマーケティング事業で協業すること...

news115.jpg

Salesforce.comが人工知能を活用したECプラットフォームを提供開始
Salesforce.comは「Salesforce Commerce Cloud」を提供することを発表した。Commerce Clo...