2014年06月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ベストなWebブラウザとは?【前編】IEが「最も危険なWebブラウザ」と思われている理由

脆弱性が度々報告される「Internet Explorer」(IE)は本当に危険なWebブラウザか。セキュリティの研究者は「IEのセキュリティレベルは他のブラウザと同程度か、それ以上だ」と話す。

[Brandan Blevins,TechTarget]
ik_tt_ie01.jpg

 2014年に入り、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)のゼロデイ脆弱性が相次いで発覚し、米Microsoftはセキュリティ確保のための迅速な対応を幾度も迫られている。ブラウザ市場の競争がますます激しさを増す中で、こうした事態はIEの全体的なセキュリティに対する新たな疑問も提起している。だが専門家は、「企業は最近の問題だけを理由にIEの排除を急ぐべきではない」と警告する。

 米Hewlett-Packard(HP)のセキュリティ研究機関であるZero-Day Initiative(ZDI)は2014年5月21日、IEのバージョン8にCMarkupオブジェクトの処理に起因するゼロデイ脆弱性が存在するとの情報を公開した。この脆弱性で注目すべきは、ZDIが2013年10月に発見しMicrosoftに通知してから7カ月がたつが、ZDIからの再三の警告にもかかわらずMicrosoftがいまだに修正パッチを用意していないこと、また、同じライブラリに別のゼロデイ脆弱性が存在することが2014年2月に明らかになったことだ。

既にハッキングされたIE 11

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

サイバー・バズ、インターネット向けCM動画制作サービスをギークスと共同開発
サイバーエージェントの連結子会社サイバー・バズは、動画事業を展開するギークスと共同...

news077.jpg

ピツニーボウズジャパンとLOCUS、対話式パーソナライズド動画ソリューションで協業
ピツニーボウズジャパンとLOCUSは、対話式パーソナライズド動画ソリューションの提供にお...

news071.jpg

Tポイント購買データとテレビ視聴データを活用した分析サービス、CCCマーケティングが提供
CCCマーケティングは、企業が自社のマーケティングにTポイント会員6000万人の生活者デー...