2014年12月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

その基本と注意点を専門家に聞いた「磁気テープ」は過去の技術ではない、今なお伸び続ける理由とは

バックアップでのテープの利用は長年にわたって減少しているが、その一方でテープベースのアーカイビングを行う動きが広がっているという。その利点を専門家に聞いた。

[Ed Hannan,TechTarget]

テープ利用の基本と注意点を確認

photo

 バックアップでのテープの利用は長年にわたって減少しているが、米Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マーク・ピータース氏によると、テープベースのアーカイビングを行う動きが広がっているという。アーカイビングでテープの利用が伸びている要因や、アーカイビング用にストレージメディアを選ぶ際の考慮点などについて同氏に話を聞いた。

――「テープは終わった」とよく言われますが、明らかにそうではありません。テープの現状はどうなっていますか?

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

RPAを活用したWebサイト運用の生産性向上サービス、メンバーズが提供開始
メンバーズは、RPAなどを活用してWebサイトの運用コストを最大50%削減する「生産性向上...

news059.jpg

「スマホなしで外出するよりも公共の場で服を着ない方がまし」が4分の1――カスペルスキー調べ
世界15カ国1万人超を対象にした意識調査で浮かび上がったインターネットユーザーの本音と...

news012.jpg

Criteo CEOが語る「フルファネル」「AI」「日本市場」
パフォーマンスマーケティング企業としてEC事業者を中心に支持されるCriteo。CEOに復帰し...