2014年12月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

その基本と注意点を専門家に聞いた「磁気テープ」は過去の技術ではない、今なお伸び続ける理由とは

バックアップでのテープの利用は長年にわたって減少しているが、その一方でテープベースのアーカイビングを行う動きが広がっているという。その利点を専門家に聞いた。

[Ed Hannan,TechTarget]

テープ利用の基本と注意点を確認

photo

 バックアップでのテープの利用は長年にわたって減少しているが、米Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マーク・ピータース氏によると、テープベースのアーカイビングを行う動きが広がっているという。アーカイビングでテープの利用が伸びている要因や、アーカイビング用にストレージメディアを選ぶ際の考慮点などについて同氏に話を聞いた。

――「テープは終わった」とよく言われますが、明らかにそうではありません。テープの現状はどうなっていますか?

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

「Ameba」がMomentumのアドベリフィケーションツールと連携
サイバーエージェントは、Momentumが提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」...

無料DMP「Juicer」がインティメート・マージャーと広告配信で連携
PLAN-Bは、同社が無料で提供するユーザー分析DMP「Juicer」において、インティメート・マ...

news109.jpg

特定の業種に向けて広告を配信、Geolocation Technologyが「業種バナージャック」を提供
Geolocation Technologyは、IPアドレスを解析しユーザー属性を特定することで指定した業...