2012年06月05日 09時00分 UPDATE
特集/連載

より実用的なオンサイト運用クラウドに不安を持つ医療機関にお勧めの画像データアーカイブ方法

診療記録の電子化と画像データの増大に直面した医療機関が、バックアップやアーカイブを目的としてクラウドストレージに注目している。しかし、安易にクラウドに移行しなくても安全、確実に保管する方法がある。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 昨今はクラウドにデータをアーカイブすることがトレンディだともてはやされている(関連記事:なぜ、医療クラウド市場は急速に拡大しているのか?)。だが医療機関にとっては、むしろオンサイトに医療画像のアーカイブシステムを構築する方が実用的なことが多い。ただ残念なことに、フリーサイズのアーカイビングソリューションといったものは存在しない。本稿では、オンサイト医療画像アーカイブの構築計画を立案するに当たって、考慮すべきポイントを解説する。

コストを最適化したアーカイブの保存先を決める

 最初に検討すべきことは、アーカイブの保存先だ。管理者が最初に考えるのは、SAN(Storage Area Network)上にアーカイブを置くことだろう。ところが、それは必ずしも常にベストなアイデアとはいえないのだ。

 技術的な面で、アーカイブをSAN上に保存することに大きな問題はない。しかし、そうすることが最良の費用対効果を実現するとは限らない。SANはほとんどの場合、ハイパフォーマンス向けに設計されており、高度な冗長性を提供する。そのためGバイト当たりのコストは、他のタイプのストレージよりもかなり高くなる。

 また、医療画像アーカイブに移すデータは、一般的には古いものであり、繰り返しアクセスする可能性はほとんどない。従って高価な高性能ストレージをアーカイブデータに利用することはあまり意味がないといえる。アーカイブデータを保存する場合は、安価なハードウェアで構成される大容量ストレージを用いる方がいい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...