2015年03月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルUXが生産性向上の鍵不評のモバイルアプリを「使いたい」と思わせるたった1つの工夫

スマートデバイスの効果的な導入に苦戦する企業は少なくない。従業員に自社のモバイル戦略を受け入れてもらうために、IT部門がなすべきこととは何か。

[Bryan Barringer,TechTarget]
tt_tt_Mobile_01.jpg

 モバイル化の時代が到来し、全盛期を迎えている。コンシューマーがスマートフォンやタブレットを使用するのには理由がある。スマートフォンやタブレットが、さまざまな方法で私たちの生活を楽にしてくれるからだ。効率性を求めるこうした欲求は、従業員に生産性を向上する方法を教えたいという、企業のリーダーの欲求にもつながる。

 企業はモバイル化によって、端末と従業員をターゲット市場やターゲット顧客のより近いところに配置することが可能になる。モバイル化がビジネスにメリットをもたらすことは間違いない。だが企業はなぜ、BYOD(私物端末の業務利用)などのモバイル戦略の導入に苦戦しているのだろうか。

「モバイルUX」の重要性

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...