2015年08月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「シンプルで安価」以上の価値を探る徹底レビュー:Windows 10対応予定スマホ「Microsoft Lumia 735」へのテンションが高まらない理由 (1/2)

米Microsoftの「Microsoft Lumia」の多くはWindows 10へのアップグレードが将来的に可能になる。その1台である「Lumia 735」は高画質カメラやバッテリー持続時間の長さが特徴。だが、実際の評価結果は「微妙」。その理由とは?

[Grant Hatchimonji,TechTarget]
ik_tt_lumia01.jpg Microsoft Lumia 735《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Microsoft Lumia」(旧Nokia Lumia)スマートフォンのエントリーモデルとミッドレンジモデルは、約700万台出荷されている。各モデルのパフォーマンスと外観の差はごくわずかなので、「Microsoft Lumia 735」(日本未発売)が多くの点で非常に見慣れたデバイスであるのは、それほど驚くことではない。だが、だからといって検討対象から完全に除外するのは得策ではないだろう。

 Lumia 735には、多くの姉妹モデルに対して差別化できる点がほとんどない。だがローエンドデバイスを求める消費者市場の競争に入り込むだけの性能を備えたまともな製品だ。だが、その性能は、メーカー希望小売価格300ドル(キャリア契約なし)に見合うものなのだろうか。本稿では、全容を確認して、その価値を解明したい。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...