2015年08月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

スイス・チューリッヒ保険など3社のモバイル戦略を紹介「MDM」はもはやiPhone活用成功の絶対条件ではない? (1/2)

スマートデバイス活用を進める企業が、当たり前のように導入を検討してきたモバイルデバイス管理(MDM)。そんなMDMに対する企業の見方が変化しつつある。3社の担当者の話から、現状を探る。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
画面 Gartner Catalyst Conferenceの公式サイト。ユーザー企業の担当者が自社のモバイルファースト戦略を披露した《クリックで拡大》

 モバイルを第一に考えたIT基盤構築を進める「モバイルファースト戦略」の形は、組織によってさまざまだ。こうした中、モバイルファースト戦略を進める上で、モバイルデバイス管理(MDM)の先を見据えた動きが広がり始めた。

 2015年8月に米サンディエゴで開かれた米調査会社Gartnerの年次カンファレンス「Gartner Catalyst Conference」では、ITの専門家がエンタープライズモバイル管理(EMM)の先を行くモバイルファースト戦略について解説した。

MDMより重要なこと

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。