2015年01月27日 12時00分 UPDATE
特集/連載

教育機関iPadセキュリティ/運用管理座談会【中編】iPad活用先進校が明かす、学校が今こそ「MDM」に注目すべき理由

米Appleの「iPad」を活用する教育機関の間で、導入の動きが活発化しつつある「モバイルデバイス管理(MDM)」。教育機関がMDM製品に注目するのはなぜか。先駆的iPad活用校が議論する。

[イイダタカユキ]

 前編「iPad活用先進校が直面した、セキュリティや運用管理の課題とは?」では、教育機関が米Appleのタブレット「iPad」を活用する上で生じるセキュリティや運用管理に関する課題と、その解決策について議論した。中編からは、iPadのセキュリティ対策や運用管理負荷の軽減に役立つモバイルデバイス管理(MDM)製品に注目。学校関係者であるパネリスト3者のMDM製品導入の経緯を紹介しつつ、教育機関がMDM製品に注目すべき理由を明らかにする。

パネリスト

  • 桜丘中学・高等学校(東京都北区) 品田 健 副校長
  • 同志社中学校(京都市左京区) 図書・情報教育部主任 反田 任教諭
  • 古河市教育委員会(茨城県) 教育部指導課 課長 平井 聡一郎氏
  • 教育産業 チーフICTソリューションアドバイザー 山口宗芳氏

モデレーター

  • 教育ICTコンサルタント 小池幸司氏

iPad活用校で導入進む「MDM」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

シックス・アパートがCMSプラットフォーム「Movable Type 6.3」をリリース
CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス企業の大手シックス・アパートは、CMS...

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...

news096.jpg

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中...