2014年07月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

近畿大学附属高等学校が進めるIT活用の今【後編】生徒が喜ぶITは“大人の妄想”では作れない――近大附属高がシステム開発に挑む訳

学習機関向けポータルを共同開発するなど、主体的なIT活用を進める近畿大学附属高等学校。「iPad」や「BYOD」を選んだ理由を含め、同校のIT活用の経緯を聞いた。

[神谷加代]

 米Appleのタブレット「iPad」を使い、従来の家庭学習と教室での授業の役割を一部反転させた「反転授業」に取り組むのが近畿大学附属高等学校(大阪府東大阪市)だ。前編「生徒が先生、教員は見守り役――『iPad×反転授業』で見えた“ちょっと先の授業”」では、そんな同校のiPad活用の様子をリポートした。

 同校が導入したIT製品はiPadだけではない。特筆すべき点は、理想を満たす学習ポータルサイトを実現すべく、学習機関向けポータル「CYBER CAMPUS」をエヌ・ティー・エス(横浜市港北区)と共同開発したことだ。教育的な目標や用途を定め、主体的にIT製品の導入を進める同校の姿勢は、一部で見られる企業主導型のIT導入事例とは一線を画す。

 iPadの導入から1年あまりが過ぎ、課題も表面化してきたという近大附属高校。同校のIT導入を先導し、入試企画部部長も兼任する森田 哲教頭と、ICT教育推進室 室長の乾武 司教諭に、近大附属高校のIT活用の経緯と現状を聞いた。

iPad/CYBER CAMPUS導入の目的:「3つの資質」育成の基盤に

 近大附属高校がiPadやCYBER CAMPUSといったIT製品/サービス導入の目的に据えるのは、以下に挙げる3つの資質の育成だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

Tポイント購買データとテレビ視聴データを活用した分析サービス、CCCマーケティングが提供
CCCマーケティングは、企業が自社のマーケティングにTポイント会員6000万人の生活者デー...

news155.jpg

マーケティングオートメーション「SATORI」、無料アカウントサービスを開始
SATORIは、マーケティングオートメーションツール「SATORI」において無料アカウントサー...

news152.jpg

ブレインパッド、「興味キーワード」ごとに自動的にWeb閲覧者のセグメントを作成する新機能を開発
ブレインパッドは、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」のサポートツール...