2014年12月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

教育機関iPadセキュリティ/運用管理座談会【前編】iPad活用先進校が直面した、セキュリティや運用管理の課題とは?

授業や学校生活に米Appleの「iPad」を活用する教育機関は、どのような考えでセキュリティや運用管理に向き合うべきなのか。先駆的なiPad活用校の座談会から探る。

[イイダタカユキ]
tt_tt_iPadSecurity1_01.jpg

 教育機関への導入が急速に進むタブレット。中でも、操作性や教育系アプリケーションの充実度から、米Appleの「iPad」を選定する教育機関は少なくない。教育機関のiPad導入というと、授業や講義での活用シーンが注目されがちである。だが忘れてはいけないのが、こうした活用を支える日々の運用管理だ。さらに、安全なiPad活用のためには、セキュリティ対策に目を向けることも必要になる。

 教育機関がiPadを効果的かつ効率的に活用する上で、セキュリティや運用管理面でどのような課題があるのだろうか。その解決策として最適な手段とは何か。こうした疑問を解き明かすべく、iPad導入の先進校、先進地域のキーパーソンを招き、教育機関のiPad活用で生じるセキュリティや運用管理の課題や、その最適な解決策を検討する座談会を開催した。

 パネリストとして、学校関係者3者とベンダー1者を招いた。学校関係者は、桜丘中学・高等学校(東京都北区)の品田 健 副校長、同志社中学校(京都市)の図書・情報教育部主任である反田 任 教諭、茨城県の古河市教育委員会 教育部指導課 課長の平井 聡一郎氏の3者。ベンダーは、iPadの運用管理や関連製品に詳しい、教育産業 チーフICTソリューションアドバイザーの山口宗芳氏だ。モデレーターは、教育ICTコンサルタントの小池幸司氏が務めた。

 前編では、iPad活用で生じるセキュリティや運用管理に関する課題と、その解決策に関する議論の内容を紹介する。

パネリスト3者の学校・地域のiPad導入状況

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

ネスレ日本社長 高岡浩三氏、YouTube日本代表 水野有平氏らが「ブランデッドムービー」を語る
「ブランデッドムービー」を用いた企業のマーケティングとは? 識者が語り合ったパネル...

news008.jpg

日本マイクロソフトとソフトブレーンの事例に学ぶインサイドセールスの効果
営業の生産性を向上させるための「インサイドセールス」。本連載ではインサイドセールス...

news024.gif

変わるITmedia マーケティング、5年目の挑戦で5万円分のAmazonギフト券を差し上げます
「ITmedia マーケティング」のメールマガジンを新規にご購読いただいた方の中から抽選で1...