2015年09月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティ強化に向けた選択「パスワードのない世界」でクラウドを守る――注目されるオープン規格 (1/2)

パスワードによるユーザー認証は、多くの問題に見舞われた長い歴史がある。本稿ではセキュリティの専門家が、クラウドでのユーザー認証にまつわる悩みが各種のオープン規格によってどう解決できるのかを解説する。

[Rob Shapland,TechTarget]
画像 FIDO公式サイト《クリックで拡大》

 クラウドサービスは企業にとって評判の良い効果的な選択肢であることが実証されている。だが、人気が高まるにつれて、クラウドサービスがハッカーの標的になることも増えている。

 多くのクラウドサービスプロバイダーは、ユーザー名とパスワードの組み合わせを利用してユーザーを認証している。これは、他のサービスでも同様だ。この方法の問題点は、無防備なユーザーがフィッシング攻撃の標的になりやすいことである。

パスワードによる認証はもう限界

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...