2015年04月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「可視性」と「ビッグデータ」が注目のキーワードクラウドの“大穴”を埋める最新のセキュリティ対策技術とは

クラウドに関するセキュリティ領域では、可視性の向上とビッグデータ分析が注目のテーマとなりそうだ。2015年のRSA Conferenceを前に、セキュリティ専門家の意見をまとめた。

[Rob Wright,TechTarget]

 “クラウド環境の可視性”というキーワードが大きな変化の原動力となるかもしれない。情報セキュリティに関する業界最大級の年次カンファレンス「RSA Conference 2015」では、このテーマに注目が集まりそうだ。

 セキュリティ専門家の予想では、企業のクラウドアプリケーションやサービスが攻撃された際の検知能力の強化に向け、新興の技術や手法が脚光を浴びる見通しだ。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...