2016年02月07日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「for Business」の威力を知るあなたの知らない「Skype」の進化、有料のサーバ版は何が違う? (1/2)

音声通話にインスタントメッセージなど連絡手段を統合した「ユニファイドコミュニケーション」の利用がビジネスで増えていえる。移行が容易で充実したサポートで注目のツールを確実に導入できるTipsをまとめてみた。

[Chris Partsenidis,TechTarget]
kn_ttus0207_01.jpg 既に多くのユーザーが使っているSkypeを業務のグループウェアとしても使えるようにするのがMicrosoft Skype for Businessだ

 ユニファイドコミュニケーション(UC)製品を購入するときに、わざわざチェックして購入するユーザーは少ないかもしれない。しかし、コミュニケーションに使うツールだけに、その出来不出来は快適に使えるか否かに大きく影響する。

 ここでは、どの項目に注意してチェックするかを考えてみよう。そのためには、まずUCの進化、利用場面、UCサービスの購入時に検討すべき重要な基準などを把握しておくのもいいが、この記事では、UC市場の主要な製品の1つとして、「Microsoft Skype for Business Server」を紹介しよう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...