2016年02月07日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「for Business」の威力を知るあなたの知らない「Skype」の進化、有料のサーバ版は何が違う? (1/2)

音声通話にインスタントメッセージなど連絡手段を統合した「ユニファイドコミュニケーション」の利用がビジネスで増えていえる。移行が容易で充実したサポートで注目のツールを確実に導入できるTipsをまとめてみた。

[Chris Partsenidis,TechTarget]
kn_ttus0207_01.jpg 既に多くのユーザーが使っているSkypeを業務のグループウェアとしても使えるようにするのがMicrosoft Skype for Businessだ

 ユニファイドコミュニケーション(UC)製品を購入するときに、わざわざチェックして購入するユーザーは少ないかもしれない。しかし、コミュニケーションに使うツールだけに、その出来不出来は快適に使えるか否かに大きく影響する。

 ここでは、どの項目に注意してチェックするかを考えてみよう。そのためには、まずUCの進化、利用場面、UCサービスの購入時に検討すべき重要な基準などを把握しておくのもいいが、この記事では、UC市場の主要な製品の1つとして、「Microsoft Skype for Business Server」を紹介しよう。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

「Gotcha!mall」が「LINE」と連携
グランドデザインは、スマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall(ガッ...

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...