2015年10月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

タスク機能で伝達漏れを無くすSkype英会話のレアジョブが「社内Skype」をやめた理由 (1/2)

オンライン英会話サービスを提供するレアジョブ。開発部門を中心に、社内のコミュニケーションツールを「Skype」から「ChatWork」へ移行した。移行のいきさつと社内がどのように変わったかを紹介する。

[藤本京子,著]

変更履歴(2015年10月28日10:45)

掲載当初、アブストラクトにて「社内のコミュニケーションツールを『Skype』から『ChatWork』へ移行した」と記載しておりましたが、ChatWorkへ移行したのは開発部門が中心であることを明確にするため、「開発部門を中心に」と明記いたしました。また、本文2段落目も同様の理由で「開発部門を中心に」と追記いたしました。


ChatWorkの公式Webサイト ChatWorkの公式Webサイト《クリックで拡大》

 2007年に創業したレアジョブは、オンライン英会話サービスを提供する企業だ。2015年9月現在の累計登録ユーザー数は37万人。200人のフィリピン人講師を抱え、1日当たりのレッスン数は1万4000回と、国内でもトップレベルの規模を誇る。連結子会社としてフィリピンにRareJob Philippinesを2008年に設立しており、2014年6月にはオンライン英会話を提供する企業として初めて東京証券取引所マザーズ市場への上場も果たしている。

 そのレアジョブが、開発部門を中心に社内のコミュニケーションツールとして導入したのが「ChatWork」である。それまで同社は、英会話サービスの提供にも利用している日本マイクロソフトの「Skype」を社内のチャットツールとしても活用していた。そんな同社が、2015年1月にチャットツールを変更すべく検討に入り、2月にChatWorkの導入に至った。

 導入前に抱えていた課題やツール選定のいきさつなどについて、レアジョブ システム部 Product Orientedチーム チームリーダー プロダクト企画部 プロダクト企画チームの菊地 徹氏と、同システム部 Product Orientedチーム アシスタントチームリーダーの山田雅人氏に聞いた。

コミュニケーションがうまくいかない

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...