2015年11月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

低予算でも意外と使える無料版「Skype」でどこまでできるか徹底検証 「Skype for Business」は必要? (1/2)

実際の業務にフル機能の「Skype for Business」は必要なのか。無料版の「Skype」でどこまで代替可能なのか。本稿で検証する。

[Vince Font,TechTarget]

 2003年にフリーミアム(基本無料)ビデオチャットアプリケーションとして登場した「Skype」は、今や多くの人に広く浸透している。2011年の米Microsoftによる買収後はさまざまな変更が追加され、その是非については意見が分かれるものの、ほとんど誰も予想していなかった進化を遂げた。現在のSkypeは、単に外国の親類とビデオチャットするためのプラットフォームではない。多様なビジネス環境に対応可能な強力な機能も備えている。だが、実際の業務にフル機能の「Skype for Business」が必要だろうか? 本稿を読んで検討してほしい。

Skype for Businessの価格設定

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ARを活用したスタンプラリーを簡単に実現、スターティアラボ「COCOAR」に新機能
スターティアラボは、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」に、AR(拡張現実)を活用したスタ...

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。