2016年03月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

買収を喜ぶ声は多いがWindowsとiPhone、Androidのアプリを一度に開発、MicrosoftがXamarinを買収した“深い意味”

Windowsはアプリケーション開発のエコシステムで他のOSに大きく後れを取っている。だが、アプリケーション開発ツール「Xamarin」が活性化の起爆剤となるかもしれない。

[Ramin Edmond,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg Microsoftに加わることが記されたXamarinのWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftによるアプリケーション開発ツール「Xamarin」の買収は、企業の開発者にWindowsアプリケーションを開発する新しい動機を与えることになる。

 Microsoftは同社の開発ツールキット「Visual Studio」にXamarinを統合するものとみられている。マルチプラットフォーム開発ツールであるXamarinの統合で、サードパーティーによるWindowsアプリ開発の増加が期待できる。Appleの「iOS」、Googleの「Android」アプリと比べ、Windowsアプリの開発はずっと少なかった。そう話すのは、Directions on Microsoftのリサーチアナリスト、ウェス・ミラー氏だ。

 「これまでのMicrosoftの大きな課題は、開発者の目をWindowsに向けてもらうことだった」とミラー氏は語る。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。