2016年03月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル活用に欠かせない「EMM」の光と影iPhone/Androidスマホの「位置情報追跡」が法に触れる場合も?

モバイルデバイスの企業利用を安全に進めるのに役立つEMM製品。IT管理者にもたらすメリットが多いEMM製品だが、導入に当たっては注意すべき点もある。

[Ramin Edmond,TechTarget]
IBM InterConnect モバイルセキュリティに関して活発な議論が繰り広げられたIBM InterConnect(画面はIBM InterConnectの公式サイト)《クリックで拡大》

 Appleの「iPhone」やGoogleの「Android」搭載デバイスをはじめとするモバイルデバイスの企業利用が普及するにつれて、セキュリティのリスクも高まっている。IT管理者には、この状況に対処する責任がある。

 IBMが2016年2月下旬に米国ラスベガスで開催したカンファレンス「IBM InterConnect」のあるセッションでは、IT担当者がモバイルセキュリティに関する主な懸念事項の幾つかを明らかにした。挙がった懸念事項は、紛失/盗難に遭ったデバイスの保護やデータ漏えいの防止、デバイスの脆弱(ぜいじゃく)性の補強などだ。

デバイスを保護する

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

アイモバイル、モバイルアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始
アイモバイルは、運用型アドネットワーク「i-mobile Ad Network」と動画アドネットワーク...

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...