2016年06月01日 07時00分 公開
特集/連載

元のOSに戻す必要はありません「Windows 10」のドライバエラーが直らなかったら試したい、バージョンアップ以外の手

「Windows 10」でドライバエラーが出続ける場合、ビデオドライバの問題かもしれない。その原因の多くは、アップグレードで部分的に互換性のない古いドライバが以前のOSから引き継がれたことだ。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows 10 リリース以来、Windows 10にはさまざまな問題が報告されている(画像は日本マイクロソフトの製品紹介ページ)《クリックで拡大》

 Windows 10でドライバエラーが出続ける問題を筆者は何度か目にしてきた。いずれの場合も、Windows 10をクリーンインストールしたシステムではなく、Windowsの以前のバージョンからアップグレードしたシステムでエラーメッセージが発生していた。

 この問題は、部分的に互換性のない古いドライバが以前のOSから引き継がれたことに起因する。これはOSに搭載されているネイティブなWindowsドライバの問題ではないようだ。特にビデオドライバの場合は「ディスプレイドライバが反応を停止して復旧された」というエラーが出ることがある。

 システムにサードパーティーのビデオドライバの問題が生じているのであれば、最新のドライバをダウンロードしてインストールすることで問題は解決する。多くのビデオメーカーは、システムトレイアイコンをクリックするだけで更新の有無を確認できる機能をドライバに組み込んでいる。だが、状況によっては既存のドライバを完全にアンインストールしてから新しいドライバをインストールしなければならないこともある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...